たかし救済計画 GetWild53作戦 Season Final

8.どうでもいい話

35、42、48、53・・・阪神サトテルが今後残すであろう華麗な本塁打数のような数字に見えるが、実際は、合コンにやってきた女の加齢な年齢一覧でしかない。

53歳が合コンに参加できるなんて、良い時代になったものだ。そして、俺はその53歳を華麗に押し付けられそうな状況であり、なんとしても加齢は避けたいのでカラオケに移動する流れとしたのが前回の記事である。

スポンサーリンク

【出場者おさらい】

ヒラ社員 チビ子 レベル18 35歳 150‐50 Fカップ
小さい、ぽっちゃり、乳デカめ

係長 檀子 レベル19 42歳 154‐52 Gカップ
小さめ、ぽっちゃり、乳デカい

課長 貧相子 レベル12 48歳 160-48 Cカップ
老け顔、細身、乳小さめ

部長 内野 レベル4 53歳 165‐48 Aカップ 
顔面が内野聖陽、パワハラ、LINEの返信超速

男は、たかし先輩、男A、男B、俺である。

カラオケにイン。

この人たちはとてもノリが良い女性陣(下品とも言う)ケツ出してレディーガガ歌ってたら、内野部長が男Aにチューしてたので、完全回避完了!!てことで俺はチビ子の乳揉みながらベロチューかましたりました。乳柔らかい(*´д`*)

一方、壇子はひたすらアニソン、たかしは尾崎のアイラビューを熱唱しています。男Bと貧相は貧相に話し込んでます。

よくわかりませんが、内野軍団は一様に楽しんでいるようです。

そのようななか、重大な事実が発覚しました。

・重大な事実発覚①

「ばかちゃん、俺さぁ」←たかし先輩は僕のことをばかちゃんと呼びます。公衆の面前では恥ずかしいです。
「はい、どうしたんですか?」
俺、好きな子できちゃったんだよね」←中二ではありません、42歳の発言です。
「は・・はぁ・・好きな子ですか・・・・」
「そうなんだよ、俺さぁあの子のこと好きでさぁ。本当好きなんだよね。」←そ・・・そうですか・・・・。なんで繰り返したのかはわかりませんが誰かを好きになるってステキ(゚Д゚)
「えと、すいません・・・・あの子って・・・・?」
「あの子って言ったらわかるじゃん、わかんないの?あの子しかいないでしょ(笑)」←え?
「す・・・すみません、一切わからないのですが・・・・」
「え?マジで言ってる?ばかちゃん信じられないなぁ、なんでわかんないの?」←実話です。わからない僕にじゃっかん「(゚Д゚)ハァ?」って顔してました。
「は・・はぁ・・・・すみません、わからなくて・・・・で、どちら様なんですか?」
「だからさぁ、あやだよあや」
「あ・・あやさんですか・・・」
「そうそう、あやだよ、あや。」

 

誰やねーーーん(゚Д゚;)

 

いや、マジで知らんし!誰やねん!!と思いましたが、その後の調べで、あやという女は別の合コンに登場した女であることがわかりました。(俺の記憶には一切なし)

「え!?まだ続いてたんですか!?」
「そうなんだよ、俺あの子に惚れちゃってさぁ」
「そ・・・それはよかったです!いよいよレジェンドスタートですね!!」
「そうなんだよ、一応俺も檀子はアリかなと思ってたけど誘っても全然乗ってこないし、ノリ悪いんだよね檀子。」
「そ・・そうですか・・・」
「もう俺さ、今日は誰にも興味ないしさ、ばかちゃん好きなのもっていきなよ

俺にはあやがいる、あやのことが好きだ。

だからお前は好きなのもっていけ・・・

なんて気前がよくてカッコイイ先輩なんでしょうか!!!

というより、檀子に冷たくあしらわれややスネ気味のたかし先輩は、あやに対する気持ちが固まったということだろう。

そうか、あやが好きですか・・・・ということでしばらくたかしの恋愛相談を受けることになった。
※もちろん「イケますね」「完璧ですね」「さすがです」「お目が高い」と回答した。

これは追跡調査が必要か?いや、たかしなんてどうでもいい。

そんなことよりももっと重大な事実があったのです。

実は・・・・

 

 

檀子が53歳でした

 

 

チビ子から事前に年齢情報を聞いており、俺が勝手なイメージで年齢の振り分けをしていたのだが・・・、正しくは・・・

檀子53歳→部長48歳→貧相42歳→チビ子35歳

職歴や雇用形態の関係で檀子は部長の部下の位置づけだが・・・これぞまさしく美魔女ってやつじゃねぇの!?だって一番美人ですよ!!確かによーくみると目じりのシワは気になるけれど、これで53歳!?なんかめっちゃ美人に見えてきたぞ!!!うん、あんたは美容部員名乗ってよし!!部長と貧相は認めない!!もうね、解雇!!消えてよし!!!ていうか、檀子が53歳とかアツすぎるやろ!!これは壇子いっとくべきやろ(´゚д゚`)

な・ん・で・す・が、

結論から言うと、

 

軌道修正はおっぱいに終わりました_| ̄|○

 

もちろんチャレンジはしました。

チビ子から檀子にシフトチェンジし、

ゲットワイルド、タッチなど

懐かしのアニソンで檀子に接近し、

意気投合しました風に見せかけて

檀子のおっぱい揉みながらチューしてたら

 

 

どちゃくそ怒られました

 

 

怒ったのは壇子ではない。

檀子はニコニコと大人の対応をしてくれた。

怒ったのはチビ子である。

まぁそりゃそうか・・、さっきまでさんざんチビ子にがっついてたもんな・・・

スポンサーリンク

それにしても檀子はやはり大人の女だ。

胸を揉んでも、乳首当てクイズツンツン!!をやっても笑ってくれている。

ていうか、この胸の弾力はなんなんだ!?

矯正ブラ?もしくは豊胸!?

んなのどっちでもかまわん。

結果がすべて、弾力がすべてですよ!!!

予想以上のおっぱい力・・・・これが53歳のおっぱいなのか・・・・

しかし、壇子のおっぱいを触るたびにチビ子に怒られるのでチビ子の乳を揉んでなだめます。

壇子

チビ子

壇子

チビ子

もはやおっぱいコントと化していましたが、たかしが便乗して壇子のおっぱいを触ったところ

 

 

ガチで拒否されてました

 

 

たかしの便乗おっぱい作戦は完全に失敗に終わりました。

ノーおっぱいでフィニッシュです(古い)。

・・・

その後、チビ子残留。

カラオケを出てセパレート、チビ子とラブホイン。

チビ子の服を脱がせると

 

めっちゃ美乳であることが発覚(´゚д゚`)

 

チビ子は小柄ながらぼんきゅっぼーーんな体。

チビな女は色気がイマイチの場合が多いですが、チビ子はある!

エロいよ!!

真っ白の肌をしたおわん型のおっぱいの先に、絶妙な大きさのピンク色の乳首。

篠崎愛が脱いだらこうなのだろうか・・・

感動レベルの美乳だ・・・胸だけ見たら23歳判定可能やでこれ。

これも美容部員がなせる業なのでしょうか。

であれば、部長と貧相はなんやねんって話ですわ。

ベッドに移動。

適当にいちゃついた後にお決まりの手マンコースから始めようとすると

「ここはダメ」となかなか下半身を解放しない。

理由は生理。終わりかけらしいが、恥ずかしいらしい。

しかし、チビ子もまた興奮しているのがわかった。

乳首をやさしく撫でるように触ると

「あっ」

と声を洩らし、俺のミニ肉棒を左手で握ってきたのである。

「触らないから入れようか」

俺からの問いかけにチビ子はこくりと頷き、すべての服を脱いだ。

チビ子は寝ころんでる俺のミニ肉棒を口にふくみ、やさしく、且つねっとりと舌を使ってほおばる。

こいつ、遊んどるな(・´з`・)

ええんやで(・´з`・)

俺のミニ肉棒はきっちりと固いミニ肉棒へと変貌。

チビ子は俺の上にまたがり、マンコにチンコをそのまま挿入しようとしたので、おいおい待てと。ゴム装着するよと。

「え、生じゃなくていいの?私は別にいいよ」

俺がよくないっての。

改めて、ゴム装着後に騎乗位スタイルで挿入。

チビ子は静かに自ら腰を振り出した。

「あっあっ・・・・」

前後上下に絶妙な腰の振り方、なるほど正しい騎乗位を会得しているようだ。

「うまいね、騎乗位好きなの」
「あ・・ん・・うん・・・、元彼に『セックスのときは女が腰振るもんだよ』って教えてもらって・・・あ・・・」

同志よ・・・、ありがとう・・・・

正しい騎乗位をチビ子に伝達した元彼なる男に俺は感謝した。

世の中のすべての男がこのようにしてくれれば、世の中のセックスはもっと気持ちよくなる。

(俺もちゃんと頑張らないとな・・・)

これからはオナニーや正しい騎乗位の普及活動につとめようと考えていたそのとき

「あ・・・イキそ・・・イク・・・あっ・・・・ああぁぁああ!!」

バタン。

チビ子は腰をビクンビクンと震わせながら俺に体を預けた。

あれ、チビ子さん、あなた・・・騎乗位で勝手に腰を振り勝手に果てる系?

なんと素晴らしい女だろうか。

だが、俺はまだ果ててないので、改めて正常位に切り替え腰を振らせてもらう。

パコパコパコ

「あっあっあっ・・・・」

チビ子は一度クライマックスを迎えるとダメなタイプのようなので、さっきと全然感度がちゃうがな。

長引かせずに昇天。

ちなみに内野部長に拉致された男Aは、強引にタクシーで一人逃げ帰ったらしい。

なぜ俺がそれを知っているのかというと

 

 

 

チビ子に鬼電、鬼LINEがきていたからです

 

 

 

「男Aが消えた」「私は一人だ」「お前らどこにいる」「飲みなおすから戻ってこい」

簡単に言うとこのような感じで。

セックス中にもガンガンチビ子に電話が鳴っていたようで。

えっと、今夜中の3時です。

なかなかパワフルなハラスメントです。

スポンサーリンク

ということで、タレント豊富で大化けする可能性もあった熟女コンパだったが、ついついチビ子に手を出すという無難な結果で終わりました(*´σー`)エヘヘ

P.S.
その後、チビ子は俺の通勤途上に1人暮らしをしていることがわかり、仕事帰りに立ち寄ってはチビ子の騎乗位果て芸にしばらくハマってしまい毎週レベルで通ってました。

家に行くとつまみと酒を出してくれ、座ってテレビを見たり本を読んだりしている岡田の上に乗り、騎乗位で腰を振ってすぐに昇天するチビ子は本当に良い女でした。

無論、2か月ほど通った後、急に音信不通になったのできっと良い彼氏ができたんだと思います。

このサイトをフォローする!

コメント

タイトルとURLをコピーしました