実録!コロナ感染した男の話 後編

8.どうでもいい話

まぁなんで俺がKK先輩がコロナに感染した話を書いてるのか意味わからないんですけどね。

もしかしたらこれからコロナっちゃう人も出てくるかもしれませんので、ご参考までに。

スポンサーリンク

これまでの流れは前回の記事をご覧のとおりですが、KK先輩は広島転勤2日後にコロナに感染したんですよね。ただでさえ左遷くさい人事なのにいきなりコロナ。

裏切らないよね。最高です。

病院で上から目線で「あなたはコロナ感染者です」と言われたことに腹を立て「あ、そーすか。で?どうしたらいいんすか?」と反抗的な態度をとった大人げ95%オフのKK先輩。

イキってましたけど、所詮は弱者。

ここから地獄を味わうことになります。

まず、公共交通機関は使うなと指示が下りました。

KK先輩は真面目なので家まで歩いて帰ったそうですが、病院出てから監視があるわけじゃないので電車もタクシーも使える状況だったのだろうと推察されます。このあたりが日本のザルさを物語ってますね。指示もザコですよねザコ。

そして、正式なPCR検査を受けるよう指示を受け、次の日広島では最大級の病院へ。

入り口で名簿を持った誘導担当の女が待っていたそうですが、そこそこかわいかったらしいです。

いや、このくだりいりますか?いらないですよね?かわいかったとて、眺めてニヤニヤしてるだけでナンパするわけでもないKK先輩です。

そこそこかわいい誘導担当に一人ずつ呼ばれ、一人ずつエレベーターに通される。このような儀式的な監視は日本は大得意です。施設内では監視するけど、施設から出たらしりませーーーん。この姿勢は見事に日本です。

エレベーターで上階へ移り、病室に入ると試験管のようなものにつばを入れるよう指示をされ、KK先輩は指示に従って試験管につばをはきました。わかると思いますが、若者がアツい思いを持って社会につばをはくやつではないです。自業自得、コロナかどうか教えてくださいお代官様!!のような負け犬スタンスでつばをはいたのです。

そして、つばを吐き終わったKK先輩にもはや役目はありません。

帰れ、秒で帰れといわんばかりに帰れ指示を受けたそうです。※検査結果は後程連絡が入るスタイル

ただ、帰り道が相当にキツい。

体温を測ると38度。

いやいや、マジでキツいってこれ・・・

これはマジで辛いって・・・

ふらふらになりながらもなんとか真面目に徒歩でKK先輩は帰ったそうです。

味覚についてはやたら塩味が強く感じたようで、「どんなもんでもしょっぱく感じたわ」と自信満々におっしゃるので妙に甘い臭いを発する性病クサマンでも舐めさせてやろうかと思いました。

と、ディスってるのですが状況はなかなかキツそうで、体温がずっと高く帰宅後もかなり辛い状況が続き、何もやる気は起きなかったようです。無論、シコシコも・・・

病院から陽性連絡が入った後、ホテル療養と自宅療養を選べたのですが、きっちり治療をしたいと思い、KK先輩はホテル療養を選択。

行ってみるとクソレベルのビジネスホテルだったようです。←お世話になってるくせにそれは言い過ぎですよと言うと「クソはクソや」との名言を残されました。お前がクソだろが。

クソホテルに到着すると、警備員室のような透明の刑務所っぽい場所で説明を受ける。

【主な説明次項】
・外出禁止
・喫煙禁止
・飲酒禁止
・差し入れOK、ホテルに電話→ホテルに渡す→受け渡し用の部屋→そこに取りに行く
 →冷えピタ
・Tシャツ、パンツなど下着を大量に洗濯できない

 

シンプルに地獄レベルだ

 

士農工商えたひにんコロナ患者ぐらいのこの時代、KK先輩は文句を言わずにホテルの指示に従ったそうです。

体温は高低差が結構あるようで、朝から昼にかけて体温は高いものの徐々に低下、だが夕方以降に40度まであがって地獄。このようなパターンを数日続けたそうです。

とはいえね、ずっと部屋にいるって辛いと思うので、どうしてたんですかと、テレビも限界ありますよねと、スマホゲームも飽きるし、XVIDEOだけではキツいでしょと、暇つぶしはどうしてたのかを聞いたのですが

 

しんどすぎて何もやる気が起きなかったそうです

 

そういわれると、ガチでコロナは厳しそうやな・・・

ホテルでの生活だが、生活用品とかご飯など生活必需品があった場合は家族などが差し入れした物を置く専用の部屋が設置され、〇〇さんは〇時にここに取りに来てくださいと指示が入るらしい。

ご飯は弁当。

朝、昼、晩、こんだては毎回違う。

病院側の気遣いには頭が下がる。

ただ、舌がおかしいのでおいしいとはまったく思えない。

楽しみといえば風呂だけ。

パルスオキシメーターで1日に2回報告

肺が重いような気がしたのだそうです。

[ad]

えっとですね、このあたりから酒を飲み学生時代の仲間にLINE電話しながらヒヤリングしてたので適当になります。

KK先輩は七日間のコロナとの戦いが終わって会社へ報告。

しかし、経過観察期間でもあるのでしょうか?3日間は残らなければいけないのだそうです。

めっちゃ調子よくなったので暇でしょうがないそうで。

体調が戻ってまずやったのはやっぱりシコシコらしいです。

また、暇なのでテレビを見てたらしいのですが、広島のテレビはとてつもなくしょうもないらしいです。唯一おもしろかったのが千鳥の番組「ひなだんだん」だそうです、しらんけど。

で、PCR検査を再度受けて陰性なら出社ってことで、陰性になったので出社したそうです。

コロナ感染したら面倒くさそうですね。

ちなみに何回も、コロナ感染中は絶対に暇すぎてエロ動画見まくるしかないですよね、え?まさかネトナンで回復後の仕込みきっちりやってたんすか??などと聞いたのですが、ガチでしんどすぎて何もやる気が起きなかったらしいんですね。

さすがに思いましたね。

 

何を普通のコメントしてんだよと

  

そのコメントで俺に何を書けというのか。と先輩に対して指摘しましたが、マジで身体がツラすぎて何もできなかったそうです。

 

以上です。

このサイトをフォローする!

コメント

タイトルとURLをコピーしました