Tinderで大阪の美魔女と出会った結果 Season1

4.ブサクエⅣ そして老害へ・・・

あなたは、「KK先輩」という言葉をご存じでしょうか?

そうですね、恐らくご存じない方がほとんどでしょう。

はっきり言って知ったところで何のメリットもない言葉であり、知る必要はありません。

で・す・が、

 

私はKK先輩を知っています

 

「KK先輩」とは、ブサイククエストⅡから登場し続けている人物です。ちなみに誰も知らないでしょうがⅡは私が20代、Ⅲは私が30代のときの話です。よって、40代の私が20歳のときにKK先輩と知り合いましたので、付き合いでいえば20年以上。実質、親友レベルの間柄です。

スポンサーリンク

しかし、実際のところは親友というよりもチン友でして、大体は私が抱いた女をKK先輩が後々抱くという流れとなっています。こうなると弟です。いや、弟よりももっと身分が下の部下です、部下。年上の部下ですわ。40歳役職なしのザコです。どこが先輩やねんと言いたいです。

ちなみに、「先輩」という言葉の意味は「学問・技芸・経験・年齢・地位などが自分より上の人」を言うようですが、学問も技芸も経験も地位も私より格段に下なので、実質私が先輩と崇める必要はありません。

それどころか、KK先輩はミスばかりします。

端的に言えば、我々の足を引っ張ります。

それでも、私の人間性がたったひとつ年齢が上というだけを理由に敬語を使い続け、ナンパした女を献上し、私が抱いた女さえも献上し、ときにはいたわることもしていますので、ほぼ介護と同じだと思います。

そのKK先輩は春から広島に転勤(左遷とも言う)されたのですが、先日「7月は出張で東京滞在期間がある程度ある」と連絡がありました。それならば、久しぶりに飲みましょう!となるのですが、それが今日です。

しかし、私はもとっも今日の17時に大阪在住の女と梅田集合のアポをとりつけていました。

彼女と出会ったのはTinderです。

私は今、Tinderで美魔女討伐作戦をひそかに実行しています。

私の中で美魔女と言っていいのは満45歳以上の女性と位置付けています。

正直ながら、30歳を超えたあたりから概ね自分より年下の女性ばかりとたたかっており、45歳以上の女限定で考えると

 

童貞なのです

 

私が40代に入り、40歳の女が年下になったとき。

私は初めて気づきました。

45歳以上の女を抱いた経験が思い当たらないことに。

これって、ヤバいですよね。

はっきりとは言ってませんでしたが45歳以上の女はババアだと思ってました。

で、さらに気づいてしまったのですが

 

 

俺、じいさんやないか

 

 

どうもこんにちは!じいさんでーーーす!!

ということで、じいさんがばあさんを抱くのは自然の摂理ですので。

45歳以上の女を抱かない理由はありません。

45歳以上の女をババアというまえに、お前もジジイだろうが、って話です。

よって、これからの私には準備が必要です。

私は、ばあさ、もとい、美魔女との出会いを通じて老後に向けたリハビリ期間に入ったのです。

ただ、ばあさ、もとい、美魔女よりもKK先輩のほうが私にとっては大切です。

よって、ばあさ、もとい、美魔女とのアポを17時から11時集合に繰り上げ、

90分居酒屋→ラブホ60分→新幹線→夕方KK先輩と東京で合流

という流れにすることとしました。

スポンサーリンク

今回、大阪梅田で会うことになったのは49歳の美魔女、あやさん(仮称)である。

プロフ写真は、横顔、しかも髪の毛で顔が見えないようになっているので顔面偏差値はわからない。

ただ、他の写真を見ると、細身であること、ワイン好きであることがうかがえ、メッセージのやりとりも非常に要を得ておりスマートな印象を受ける。

仕事は謎だが役職者級の発言も見られ、デキる女なのかもしれない。

コロナで外出自粛していたが、おしゃれしてお酒を飲みに行きたい、という独身美魔女。

できれば50歳でいてほしかった。50代デビューをあやさんで飾りたかったよ・・・

ブサイククエストと言っておきながら美魔女を狙おうとするのはどうか、という声はあるかもしれないが、どうか読者の方々にはご理解いただきたい。

私は石田ゆり子が好きで、永作博美が好きなのだ。

年上女性はやはり美魔女縛りでいきたいと思ってる。

・・・

10:44

曇り空が広がる大阪。

俺は朝のモーニングコーヒーをスタバで楽しんでいた。

「お、そろそろ時間か・・・、よしそろそろ行こう」

スタバを出た俺は待ち合わせの場所、泉の広場へと向かっていた。

泉の広場にある店でもいいし、東通りの中にある店でもいい。

昼飲みしてそのまま美魔女と近くのラブホへ、、、

 

あまりにも完璧すぎる

 

我ながら完璧すぎるプランニング。

メッセージのやりとりを見る限りあやさんも飲む気マンマンのようだ。

正直、今回の大阪旅ではいろいろあったのだが・・・終わりよければすべてよし。

美魔女を抱いて大阪を去り、東京で待つKK先輩に土産話のひとつでもしようじゃないか。

なんだろう、これから美魔女に会えると、穏やかで

何かに包み込まれるような気持ちになる・・・

この感情、この気持ちは何だ?・・・

そうか、この気持ちって

 

 

 

このときの気持ちだ。

 

 

 

ランランララランランラン、ランランラララー

子供のときに見たこのシーン、正直今も意味はわかってない。

ただ

なんだか、暖かくて、懐かしくて。

誰かに応援されている感じ。

そうか、これが美魔女の力なのか、年上女性の包容力というものなのか、、、

もしかして、逆に俺は恋するかもしれない。

今まで、32歳~39歳をメインターゲットにしていたけれど。

俺が求めていたのは、まさに年上の美魔女だったのかもしれない。

そして気づけば俺は泉の広場に立っていた。

そして、待ち合わせの場所であろうその場所には

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沢田研二が立っていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パラパラッパー!

パラパラッパー!

パラパラパラパラパラパパパパ!

窓際に寝返りうって~

背中できいている~



俺の頭の中には沢田研二の「勝手にしやがれ」が鳴り響いた。

そこに立っていたのはド派手な沢田研二(49歳・女・独身)である。

恐らく誰が見てもわかるシャネルのマークが光るカバンを持つ、昔の関西あるあるをそのままに。

全身ブランドにまとった最恐のクソダサワダケンジが立っているではないか(;゚Д゚)

え?あの人、今から俺と飲もうとしてるの?(;゚Д゚)

49歳、独身、婚歴なしのクソダサワダケンジが!?

そうですか・・・

 

 

 

 

 

 

勝手にしやがれ(´_ゝ`)

 

 

 

 

 

 

 

 

泉の広場の階段を上がり、タクシーに乗った俺は一言

「新大阪へ(´_ゝ`)」

新大阪駅についた俺はとりあえず飯を食うことにした。

KK先輩との待ち合わせ時間はまだはっきりと決めていなかったが、ホテル住まいらしいし適当に決めよう。とりあえず腹ごしらえだ。

数年ぶりに入った五右衛門にて、白Tシャツのやつは食べてはならないミートスパゲティを食す。

で、のんびりブログでも書いてからKK先輩と合流しよう、ということで書いてるのがこの記事だ。

セットでついてくるウーロン茶をすすりながら、じいさんやないかぐらいのところまで書いたところで眠たくなってきたので、とりあえず新幹線で寝ることにした。

スポンサーリンク

新大阪から新幹線に乗ると、窓の外はどちゃくそに曇っていた。

ひと眠りしたあたりでKK先輩に時間と場所を提案しようとLINEを開いた。

 

 

 

 

当日ドタキャンされました

 

 

 

 

 

 

 

またもや俺はKK先輩に足を引っ張られたのです。

ていうか、コロナ一回かかってんのにワクチン打つ必要あんのかと。

ツッコミたいところですが、このようにミスをしてくれるのがKK先輩です。

今月、何かしでかしてくれるかなぁ(゜-゜)

えっと、すでに名古屋を出ております。

今からTinder案件に無差別オファーする方針であります。

なお、本記事もSeason1と銘打っておりますが、クソダサワダケンジとは一生会うことはありませんのでこれをもちまして本シリーズは終了でございます。

よろしくオナニーいたします(´_ゝ`)

このサイトをフォローする!

コメント

タイトルとURLをコピーしました