出会い系地雷女 ポコパン子とのたたかい Season Final

4.ブサクエⅣ そして老害へ・・・

あなたには思い出のグラビアアイドルという存在はいるだろうか?

グラビアといえば、主にヤングマガジンの巻頭カラーページに出てくる水着を着た美女を思いつくだろう。ここ最近で言えば、小倉優香を思い浮かべるかもしれないが、我々おじさん世代は小倉優子との違いがまったくわからないのだが。

スポンサーリンク

私には、思い出のグラビアアイドルがいます。

それも圧倒的な思い出に残っているグラビアアイドルです。

そう、私の思い出のグラビアアイドルとは・・・

 

 

井上晴美です。

 

 

当時、私は井上晴美がものすごく好きでした。

というのはウソです。

しかし、圧倒的思い出に残っているのは真実です。

なぜ私は井上晴美が思い出に残っているのか?

もしかして、、私は、、井上晴美で、、、

 

シコりまくったからか?.

 

いいえ、残念ながら違います。

私はオナニーデビューが25歳。

遅咲きオナにスト。

少年時代の私は井上晴美はもちろん、

かとうれいこでも、

飯島直子でも、

飯島愛でもシコっていないのです。

つまり、

少年時代の私は

 

 

 

  

黒木香ですらシコっていないのです|д゚)

 

 

 

 

絶好のシコり時代をノーシコシコで過ごした私にとって、井上晴美は

オナネタではなかったのです。

それでは、昔の彼女が似てるとかでしょうか?

いいえ、むしろ今のセフレのほうが黒木香に似ています。

しかし、私のセフレは腋毛をはやしてくれません!!

一体、どうなってんだぁあ!!!!

誰か、女に腋毛をはやさせる魔法の言葉があったら教えてください。

少々取り乱しましたが、

私が井上晴美をずっと思い出に残している本当の理由を

今ここに告白します。

井上晴美は、

私が、

私が、初めて排出した

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

G1馬の名前だったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダビスタで初めてG1で優勝したのは安田記念、イノウエハルミ号でした。

往々にして適当につけた名前の馬がよく走る、それがダビスタなのです。

・・・

趣味はシコシコのみなさん、こんにちは。

さて、今回は前回の記事の続き、GREEで知り合った女とのたたかいです。

Twitterをご覧の方はご承知のとおり、昨日私はまたひとつブサクエレベルが上がる一夜を過ごしました。

たたかいに集中するため昨日の投稿はやむをえずできなかったのですが、本日気を引き締めて書きなぐりたいと思います。

【モンスター情報おさらい】
ポコパン子 LV22 31歳 OL

予想以上に美人がきてしまった。

しかし性格にはやや難がありそうだ。

ポコパン子はちょっとへそを曲げるとひとたび悪魔に豹変するタイプであろう。

この手のタイプの女はとにかくへそを直線に保ち続ける必要があり、何点か気を付けるべき点がある。

・バカにしてると思われない
・冗談が強めのいじりはしない
・相手に質問はしない(詮索しない)
・面白ネタを連発し考えるスキを与えない
・相手の質問には誠実に答える(フリをする)

この手のタイプはへそを曲げると大変だが、へそが直線だとどんどんのってくる。

気性があらい暴れ馬を扱うときこそ、マニュアル通りに慎重に進める必要がある。

ダビスタのようにパターンを見極めればいいのだ。

暴れ馬ポコパン子も当初は不機嫌そうで手が付けられなかったが、他人の不幸話をエサにしたところ毛ヅヤががらっと変わってここまで仕上がる?と思うほどに仕上がった。

俺ってマジで藤枝厩舎かもしれない(意味不明)

時計を見るとまもなく21時。

ここで店を変えよう提案で退店。

ちなみに会計のとき払おう素振りは一応ありましたが、会計は4,000円台。

「ここは俺が払うから次の店よろしく」としておいた。

手つなぎOK。

キスOK。

順調すぎて、最後のひと追いという段階にきた。

そういえばポコパン子はディズニー好きだと言っていたな・・・

ブサクエ神拳奥義、ねずみの型を出す時がきたようだな。

スポンサーリンク

「新宿ディズニーランドって知ってる?」
「え!?そんなのあるの??」
「うん、そうそうあれなんだけど」
「は?」
「その前にコンビニ寄りたいよね?」
「わかりやすすぎてウケる(笑)」

ウケるそうなので大丈夫のようだ。

で、結論から申し上げますと

 

 

 

ポコパン子はパンコでした

 

 

 

<ポコパン子レポート>

1.清楚系エロ牝馬
プライドが高い派手目な丸の内OL、といえばしっくりくるだろうか(きません)。

一見、清楚とも思える牝馬だが、手万調教をしてみたところ大声で喘ぐ牝馬であった。

無論、このときの鳴き声は「ヒヒーーン」であるに違いない。

2.芝(栗万下)ではすごいの件
完全に栗派のようで、すぐにイク人であった。

イキやすいではなく、すぐにイクである。

約1分間隔で昇天し、体を小刻みに震わせる、仕上がりが異常に早い牝馬である。

あまりに何回もいくいく言うので「いってらっしゃい」と言っても怒られないまでに仕上げた俺ってマジ藤枝厩舎(意味不明 2回目)

3.ダート(Gスポット)でもすごいの件
栗では早い走りを見せてましたが、中ではどうかと指をつっこんだら当然に濡れ濡れ。

マンピーのGスポットを攻めると即効噴射。

もはやG1馬です

4.件
挿入してパンパンやってましたら「あ、だめまたイク」「ああん!」などまぁ本当にエロが好きなんだなぁと思いまして。

そしたら栗を自ら触りだしまして、僕が抜いても触ってまして。「ああん!見ないで」「入れて・・お願い」など勝手に盛り上がりだしまして。

素晴らしく調教された牝馬だなと思ったわけですが。

素晴らしいと思いつっこまさせて頂き、いよいよクライマックスを迎えるかと思ったそのとき

 

 

 

「ああん!!あぁん!!わ。。私のこと、、好きなの???」

  

 

 

 

どこに向かってますか?

 

 

 

 

さすがだ。

イクイクとは言ってたが、まさかそっちに行くとは・・・

なお、この爆弾発言とともに射精したこともあわせてお伝えしておく。

爆弾発言はあったものの、エロかわいいことにかわりはなく、結局2発ぶちかまし爆睡。

チュンチュン・・・

チュンチュン・・・

朝。

目が覚めて起き上がるとポコパン子も目を覚ました。

寝ぼけた顔もかわいかったので四つん這いにさせてすぐ手万した。

カラカラだったマンコはすぐに潤いを取り戻した。

「ああぁん!!ダメ、またいっちゃう!!ああぁぁん!!だめぇぇあああああぁぁぁ!!」

1R1分43秒、TKO。

TKOとは手マンでKOという意味だとこのとき初めて知った。

で、無事3発目を終えてシャワーを浴び、部屋に戻るとポコパン子はぐっすり眠っていた。

先に帰ると告げると、じゃっかん不機嫌になりつつも

「フロントに電話しとくね・・・」

よくご存知である。

スポンサーリンク

数日後、一通のLINEがポコパン子から届いた。

「いま飲みいって帰りだよ。なにしてるの?」(ド平日 01:13)

このLINEを見たのは翌朝のことだった。

やはりOLというのはどうも嘘のような気がする。

次の日

「今からこれない?」(ド平日 02:43)

 

 

 

 

明らかに様子が ヘンです・・・

いやLINEしてくる時間帯が ヘンです・・・

とても心配なので、ばかなべ診療所で診断いたしました。

 

 

 

 

 

 

完。

このサイトをフォローする!

コメント

タイトルとURLをコピーしました