リムからの合コン報告書 「大人のKiss」

3.ブサクエⅢ そして伝説へ・・・

最近このブログを発見した人は「リム」というのがなんなのかわからないと思いますので簡単に説明します。リムとは、無理の逆です。いや、そういう意味かどうかは知りませんが、リムは以前のメンバー募集時に応募してきた日本人です。

スポンサーリンク

端的に言うと、リムという人物は

ヒー・イズ・エリーーーターーーー・ザン、、、ユー!!!!(´゚д゚`)

このブログを読んでる時点でバカ(誉め言葉を含む)が多いと思いますので、ほぼ間違いなくリムのほうがエリートです。しかし、学歴や職業的には彼はエリートかもしれませんが、所詮はエロいだけのバカですし、ブサクエメンバーのブサイク側でした。

【懐かしのブサクエ関係者 役割区分】
イケメン側:ST、AKO35、テリー
ブサイク側:コスギ、リム、ばかなべ
論外:笑福亭 兼 三遊亭
外人:しまださん

さて、そんなスーパーエリート(だけどブサイク)のリムがある日、私に合コン報告書を提出してくれました。ていうか、金曜の夜20時過ぎてんのにまだ仕事をしてる俺にブログを書く余力は残されておらず、過去の記事を再掲出という手段に出た。永らくブログをやってると時にはこういうときもある。

ただね、今回の内容はマジで、なかなかモテないとか、うまく合コンでお持ち帰りできないとか、そういう方々にとっては

 

やっぱり役に立たない記事です

 

ばかなべさん、昨日のAKO35さん主催のコンパを報告します。

昨日のメンツの方々、お疲れ様でした。楽しかったです。一応、今日仕事の余裕があったので、まとめてみました。追加情報や修正すべき点があれば、適宜ご修正ください。(一応、ばかなべさんに何かしら報告すべきと思いましたので、作成しました。)

以下、レポート。
____________________

『大人のKiss』

当日、上野のメキシコ料理屋に私は50分遅れで到着いたしました。

到着すると、私以外のメンバーは既にある程度盛り上がっているようでした。

男性陣は、STさん、AKO35さん、コスギさんで、なぜか隣のテーブルにテリーさんが女の子とサシで他人のフリをして飲んでいました。

女の子は、
黒の子 Lv.20 リアクションがオカンっぽいOL
ウォーリー Lv.23 ウォーリーみたいな服を着用した長澤まさみっぽい看護師
丸顔子 Lv.20 丸顔でリアクションが緩めだったことしか覚えていません。OL
歯ぐき子 Lv. 14 顔は見れば見るほど判定レベルが下がる感じですが、服装は一番やる気のある格好をしており、おっぱいが大きめだったので、14としました。OL
という構成でした。

会は笑いの絶えない感じで進行しましたが、基本的に健全な話題に終始し、なかなかエロい話にはなってきませんでした。

これではいけないということで、少しずつエロを感じさせる話を盛り込んでいきました。

その中でも盛り上がったのは、
コスギさんの「毛」の話と、大人のチューをしたのはいつかという話でした。

私は、できるだけイヤらしい観念を植え付けるため、全身を使って、舌が唇を割って入り込んでいく様を表現していました。法的には公然わいせつギリギリだったと認識しています。

ただ、今思えば、これがこの日の出来事の一番の伏線となっていたことは間違いがないと思っています。

その後、会は終始男性優位で進み、2次会に進み、そこでさらにワインを投入し、印象ゲーム等を繰り返しました。

その結果、女性陣の好みが分散していることが判明し、いい感じの雰囲気だと思ったため、私は、肝試しを提案いたしました。

女性陣は最初はグダっていましたが、私の全身全霊のプレゼンテーションにより、男女ペアでとある公園を回ることになりました。時は24時前だったと思います。

ちなみに私だけしらふです。

スポンサーリンク

ペアは、
(STさん・歯ぐき子)、(コスギさん・黒の子)、(AKO35さん・丸顔子)となり、私の実施した強引な事情聴取によると、女性陣のタイプに沿った割り付けとなっていたようなので、私は、ウォーリーとペアになりました。ただ、私がウォーリーと手をつないで歩き出したところ、気づけば、私と手をつないだウォーリーの反対側で、テリーさんがウォーリーと手をつないでいました。

STペアは、公園を10分の1週もしないところで、道をそれ、どこかに消えていきました。
コスギペアと、AKO35ペアは、リムペア(?)とは反対回りで公園を回り始めました。

ここから私は、テリーさんもいるので、取り敢えずは、コスギペアとAKO35ペアが消えていくことを狙っていました。

しかしながら、我々が半周ほど回ってくると、ものの10メートルほどの距離だけあけて、AKO35ペアと、コスギペアが池沿いに座っていました。

我々は、彼らを無視して、通り過ぎようとしまいた。
しかし、私とテリーさんは妙なテンションであったため、テリフォンを大声で歌っていたためか、仲間意識のつよいAKO35さんとコスギさんが女の子と一緒に合流してしまいました。

私は、合流してしまっては、私の努力が水の泡になるため、みなさん年上でしたが、
おもいっきり説教をしました。

「どうして、池を回らないのだ。どうして、ペアになっているのに消えていかないのだ。ST先輩を見習え。」

女の子も笑っていたので、ペア決めとしては間違っていなかったように思います。

その後、我々(テリー、リム、ウォーリー)は彼らを巻くために逃亡しましたが、巻くことができませんでした。みんな、もっとST先輩を見習って勝ちに行くべきだと思います(ただ、みんなでいた方がおもしろいという考えや、みんなで別荘INを狙っていたというのはあるかもしれません。)。

そして、気づけば、コスギさんが頭数が揃っていないことに気を遣い、こっそり消えていました。ただ、その直前に、公衆便所で中国人らしきおばちゃんに、「こなところで、ハダカになったらいかーんよ」と怒られていたように思います。謎です。

時刻は1時、状況は、AKO35、テリー、リム、黒の子、ウォーリー、丸顔子という状況になっていました。

私は、あんだけ説教したんやから、もう1周すれば何かおもろいことが起きるんちゃうか、と思い、なぜか、公園をもう1周するように指示をしました。

私はなぜか黒の子とペアになりました。しかし、黒の子は明らかにコスギさんのことがタイプだったようなので、私はギラつくのではなく、私以外の2人(AKO35さん、テリーさん)が即れるように、ひたすら情報収集をすることにいたしました。

そして、情報収集をしたところ、何となく今のペア割でいけそう、特にAKO35さんと丸顔子はいけそうという情報を得ました。

その後、私と黒の子がスタート地点に戻ったところ、AKO35さんと丸顔子が、地べたに半分寝転がりながら、思いっきり大人のチューをしていました。

私は物陰からしばらく見ていたのですが、丸顔子の足が、暗闇でピクピク動いていたのが、とてもエロかったです。(半勃起したのは言うまでもありません)

テリーペア(テリーさん、ウォーリー)もそのことは気づいていたようでしたので、我々は、黒の子とウォーリーを味方につけ、AKO35さんと丸顔子を強制的に二人っきりにする作戦をたてました。

我々は、4人でカラオケ行くから、と言い残し、その場を去りました。

しかし、なぜか、AKO35ペアは後をついてきて、私と黒の子に対して「テリーペアがいい感じだから、あのペアを先に帰した方がいい。一緒に、テリーペアを巻こう。」と言いました。

私は、「やれやれ。先に消えるのがそんなに嫌なのか。世話の焼ける奴らだ」、と思いましたが、テリーさんと打ち合わせしていたことや、既にH直前までAKO35ペアがしていたこともあったので、まずはAKO35ペアを帰そうとしました。しかし、AKO35さんは、どうもそれが嫌だったらしく、なぜか6人でカラオケに行くことになりました。(たぶん、みんなカラオケをしたかったのかもしれません)

その後、座りは当初のペアどおりで、リムペア以外は、ずっとべたべたしていました。私は、ずっとカラオケを歌っていました。

・・・・・

3時間が経過しました。何も動きがありません。
そこで私は、黒の子に一度もぎらついていなかったにもかかわらず、何も説明もせず、いきなり「黒の子連れて帰るわ。」とだけ言って、黒の子の手を引っ張って帰ることにしました。
黒の子を含め、みんなぽかーんとしていました。(ちなみに、黒の子は、タクシー代だけ渡して帰宅させました。)

ただ、私が持って帰った(しかもみんなの目の前で)という状況ができたためか、その後、AKO35/丸顔子ペアと、テリー/ウォーリーペアは、それぞれ一緒に帰ることになったようです。

私は、その後の展開はAKO35さんとテリーさんからのメールでしか知らないですが、テリーさんはカラオケで大人のチューをベロベロとかましたそうです。ウォーリーも受け入れ体制だったようです。AKO35さんは既に丸顔子と大人のチューをこれでもかとかましていました。

そのため、AKO35さんもテリーもこれはいけると思って、カラオケを出たそうです。

しかしながら、AKO35さんは丸顔子の家の前で放流、テリーさんは鶯谷で説教されて放流されたそうです。

スポンサーリンク

以上が、今回の飲み会の流れですが、私は思いました。

大人のキスをかましておいて、Hはさせへんとか、ありえへんし、詐欺やと。みんな、大人のキスをできたから、いけると思って4時までカラオケに付き合ったんやと(私は完全にボランティア気分でしたがw)。どないしてくれるねんと。テリーさんはあの後もんもんとして、早朝にもかかわらず鶯谷でナンパをかましたんやぞと。

私は、こういう事件を、

ベロチュー詐欺

と呼ぶことにしました。

今回は、特にネタになることはなかったと言えばなかったのですが(肝試しは個人的には結構楽しかったです。テリーさんとだいぶ仲も深めることができましたし。)、このような凶悪犯罪について、警鐘を鳴らしておくべきだと思いましたので、今回、恥ずかしい結果ではありますが、あえてご報告する次第です。

P.S

華麗なお持ち帰りをしたSTさんは、詳細はしりませんが、

インサート詐欺

に遭ったという通報が早朝に入りました。

 

 

 

いいか、みんな。これが30過ぎの一般的にエリートと呼ばれるやつらがやってることだ。

国家公務員?会計士?弁護士?PR会社?商社?教師?医師?

 

全員、バカばっかりなんだよ(。Д゚)ノ!!!

 

個人的にはテリーが鶯谷で説教されているシーンを動画撮影したかった。。

このサイトをフォローする!

コメント

タイトルとURLをコピーしました