3,850円、カツアゲされた話。

8.どうでもいい話

みなさんは「カツアゲ」という言葉をご存じだろうか?

もしかしたら昭和末期に街中でヤンキーが歩いていたような地域に住んでいたいじめられっ子の人を最後に絶滅したのかもしれない「カツアゲ」。いや、今考えると出歩くと街中でヤンキーが現れるってリアルドラクエやんけ、と思うわけだがそんな時代はリアルにあったのだ。しかも敵が強すぎるムリゲーだ。改めて、ヤンキーが常識人になっただけで良い人になったという解釈は即刻やめていただきたい。

スポンサーリンク

さて、改めて考えていきたい「カツアゲ」、ローマ字で書くと「KATSUAGE」となるが特にローマ字で書く必要もないし、「トンカツ」の違った言い方でもない。「カツアゲ」とは見知らぬ人にお金を巻き上げられることだ。

いや、「カツアゲ」実行者側からすると「お金を巻き上げること」と言うかもしれないが、弱小個人からすると「お金を巻き上げられること」と表現しがちであり、筆者は漏れなく後者である。

思えば、俺は「カツアゲ」され続けた人生だった。考えるだけでも腹立たしいし、カツオをサザエの目の前で油で揚げてやりたいとさえ思う。

人生で初めてカツアゲされたのは、母親の実家・愛媛の松山市にあるゲーセンだ。

小学6年生の夏休み、田舎のおばあちゃんの家に行くという行事で愛媛県へ。

しかし、愛媛県は絶望的にやることがなかった。

よって、おばあちゃんにもらった小遣いを手にゲーセンへ行ったのだが、3人組のいかにもヤンチャな中学生が俺を見つけ「お前誰じゃ」とめちゃくちゃなことを言われた。

勇者ばかなべは「お前こそ誰じゃボケ、ぶっこ○すぞ!!」と反撃し手始めにイオナズンを唱えるわけではない。ここは現実世界。俺は勇者じゃなくて弱者。デパートの片隅に連れていかれて500円ほどむしり取られた。無傷ではあったが俺の心に傷は残った。

あの日を境に、俺はカツアゲされたことない側の人間から、カツアゲされたことある側の人間に転落した。

幸運にも同級生が存在しない愛媛県での出来事。俺はこの事実を誰にも話さず、カツアゲされた側の人間であることを隠して生きてきた。

その後、中学2年のときにも坊主頭の朝〇人2人組にカツアゲされた。その時も500円程度をむしりとられた。あの日から金○恩のことはキム・ジョンウンコと呼ぶことで人知れず復讐をしている。

ただ、高校生にもなるとカツアゲされることはなくなった。そもそもカツアゲをするような連中が歩いていそうなところに出向かなければいいという無敵の方針を掲げ、危険地域はもとより危険人物とも距離を保つなどの自助努力によって、完全にカツアゲ人生から抜け出たと思っていた。

しかし、40代になった今もなお、

 

  

俺は定期的にカツアゲされている

 

 

それも、500円などというかわいらしい金額ではなく、3,000円以上のヤクザカツアゲばかりである。

先日も、俺は3,850円、カツアゲされた。

3,850円といえば、上野の大統領でハイボール3杯、レモンサワー3杯、さらにおつまみ4品ほど頼んだぐらいの値段である。

なんでこんなことになるんだ!!!

などと嘆く前に、まずどこからがカツアゲで、どこからがカツアゲではないかを明確化する必要があるのではないだろうか?

カツアゲの定義が「見知らぬ人に金品を要求され、その要求に不本意ながら従うこと」だとすれば、俺が小6のとき、および中2のときの被害総額1,000円の件は、まさにこれに該当する。

まことに不本意、もう不本意以外のなにものでもない。

だが、仮に「見知らぬ人に金品を要求され、その要求に不本意ながら従うこと。ただし、相手とセックスした場合は除く」とすると話は一変する。

つまり、見知らぬ女(甲)と俺(乙)が飲食などをともにし、タクシーに乗ってラブホインし、セックスした。支払いは全部乙が行った、という場合は確かに金を払ってはいるが、カツアゲか?と言われると、いや、そうでもないんじゃない?と思える。

ただ、その女が非常識な体型をしていたり、非常識な体臭を放っていたため、極めて不本意ながらセックスをした場合はどうする?となると、これはかなり迷う。

この場合は、お金だけでなく社会的信頼を失墜したり、場合によっては精神的ダメージをくらってイップスっていうかウップスっていうかこのブス!っていうか。

とにかくセックスをしたというよりさせられた、いわば被害者となる場合もあるのだから、支払いも全部乙だとすると、甲のカツアゲが認定される可能性も否定できない。

いずれにしても、セックスしたからといってすぐさまカツアゲではなかったとは言い難いのだ。

では、キス止まりの場合はどうだろうか?

スポンサーリンク

これについても議論したい。

俺はナンパ師といえるほどの実力も見た目もないくせにブログを書いていたがためにナンパ師界隈の端っこのほうに存在している。Twitterなどでもナンパ師の方にフォローしていただいている(ありがとうございます)。

ただ、ナンパ師たちが言う「キス負け」という言葉に俺は驚いている。

 

いやいや、キスできたら御の字じゃないの(;゚Д゚)?

 

中学2年の頃、大好きだったクラスメートに告白し、彼女化して初めてキスしたときの感動を俺は忘れられない。キス=ゴールぐらいに思ってた。

それがですよ。

ナンパ師の人たちは、キスしかできなかったから「キス負け」などとツイートするのですよ。

そっか、キスは負けなのか_| ̄|○

そう思った俺は先日もこちらの記事で敗戦報告をしたばかりである。美人と知り合いキスしたものの、いやブチュブチュしまくったものの、後日音信不通案件だ。確かにこの結末は切ない。だがキスした思い出はきっちりと残っていた。

それなのに、キスできたのに、ネット界隈では俺は負けたことになる。

もうね、俺たちブスチビ勢からすればね、キスできただけでも超奇跡レベルやっちゅうのに。

頑張ってようやくキスできたのに負けとか言われたらたまったもんちゃいますわ!!

〇〇止まりでいうとね、厳密にはいっぱいあるんすわ。

よくあるのは「おっぱい揉み止まり」ね。

おっぱいは大好きだけどキスよりも達成感が低いような気がする。無論、「おっぱい吸い止まり」のほうが「おっぱい揉み止まり」よりはえらい。おっぱいひとつにとっても、揉みと吸いの差は格段に大きい。

あとは「フェラ止まり」ね。

まぁ、俺はフェラさせるタイプじゃないのであまり経験はないけど、やらせてくれないならせめてフェラだけでもって男は多いみたいで。

射精できればある程度の満足感はあるだろうから、なんとも言えないけど。

射精基準にすれば、セックス⇨中折れみたいな場合はどうなん?となりますが、まぁセックスまでいってるんでとりあえず射精したフェラよりも中折れセックスのほうがえらいみたいなことはあるかもしれんけど。満足度で言ったら射精したフェラですよね、絶対。

でもね、これが手コキになるとまた話変わってくるんですよね。

フェラのほうが濃厚で、手コキのほうがザコ感があるから一見フェラのほうがえらいと思われるかもしれませんが

 

手コキのほうが気持ちええよな

 

フェラはその人の技術がかなりかかわるけど、手コキは概ね誰でも気持ちいいっすよね。

気持ち良さでとるか、くわえてもらったという優越感をとるのか。

これはね、本気で議論の必要がある。

〇〇止まりのヒエラルキーを明確化することで、しいてはどこからがカツアゲで、どこからがカツアゲではないかもおのずと明確になると思うんですよ。

まぁ、先日の3,850円の件は

 

 

LINEさえ教えてもらえなかったんですけどね

 

 

つまりは、完全なるカツアゲです。

40代でもカツアゲされる男、それが俺氏である。

スポンサーリンク

このサイトをフォローする!

コメント

タイトルとURLをコピーしました