銀行員の女が恋をした、しかし1時間後… Season Final

3.ブサクエⅢ そして伝説へ・・・

俺は完全にハメられた。

都銀のOL3人組を上野界隈でgetし即席コンパ。男メンツはAKO35とSTと俺。女のメンツは以下のとおり。

【女子メンバー】
・先輩子 レベル21 20代後半 都銀
顔はきれい、がしかし、気が強いボスキャラ。さらに連れ出し時に「おごりだよね?」と言っちゃいそうなタイプ。てか言っちゃってた。

・清楚子 レベル23 20代後半 都銀
顔は抜群に美人、がしかし、先輩子の子分キャラと化している。清楚で美人な清楚子がボスキャラにならないように、なんとしても助けなければならない!!!!

・マイ レベル20 20代後半 都銀
愛嬌のあるタイプですべてにおいて普通。だが尋常じゃないノリの良さは好感がもてる。

スポンサーリンク

女子メンツは清楚子を筆頭に誰も文句を言わないような構成だった。だが、清楚子がずば抜けた人間力を持ちあわせており、途中から清楚子の独壇場となった。その結果、STもAKO35も清楚子にベクトルを向け始めていた。

ここで、ポジション状況を確認しよう。

【ポジション】
清楚 ST マイ
--------
--------
ばか 先輩 AK


ばかなべ、トイレに立つ

清楚 ST 先輩
--------
--------
ばか マイ AK

トイレから戻ると、先輩子とマイのポジションだけが変わっていた。

STは完全に清楚子としかしゃべっていない。

AKO35は完全に先輩子としかしゃべっていない。

俺は完全にハメられた\(^o^)/

というのが前回の記事である。

といっても、マイも普通にかわいい部類なのでハメられた感はなかったのだが、実際マイとしゃべるにつれて、これはガチでハメられたぞと自覚した。

簡単に言うと、マイはSTが好みらしく清楚子とばかり話すSTにストレスを感じていた。

「私だけを見てくれる人じゃなきゃイヤなの」

STと清楚子を昼ドラの悪役のようなまなざしで見つめながらマイは呟いていた。

うん、これは詰んだ。自分に食いつきがない女を担当させられる、こういうことはブスチビにはよくある話だ。こうなったら仕方がない、適当トークで場をつなぎながら終わる時間を待とう。

一方、AKO35とSTは絶好調。それぞれ女の食い付きも確認され、早々に居酒屋解散フェーズへ。

俺が再びトイレに行ってる間に、STが清楚子を、AKO35が先輩子を連れ出したようだ。

スポンサーリンク

席に戻ると、マイだけが座っていた。

さぞかし、STに振り向かれなくて不本意な時間だったのだろう・・・ここは慰めながら駅まで送ってバイバイだな・・・

 

 

「鶯谷まで」

 

 

俺はマイとタクシーに乗っていた。居酒屋を出るとなぜかマイが腕を組んできて(ついでに乳が右ひじにあたったので)どうしたのかなと思ってキスしてみたら受け容れだったしついでにおっぱいもんだら「ああん」とおっしゃったので、これは鶯谷治療院での施術が必要だと思ったのでタクシーに乗っていた。俺って本当に超親切だよね。

タクシーという乗り物はとても便利で「鶯谷まで」と言えば10ドルぐらい払えばラブホの近くまで連れて行ってくれる。しかもチップは不要だ。セックスまで運んでくれるタクシーは、もはやセクシーでいいんじゃないのかと思う。

さて、マイとラブホインしてもっとも思ったことをこれから述べる。

主文、マイは

 

 

水分のとりすぎです

 

 

判決を言い渡すとすれば、水分のとりすぎとなる。

お前は人間ポンプかとツッコミたくなるほどに、まぁおもらしが激しい。

この日、疲れてたので泊りでもいいやと思ってたのに、ベッドがびっしゃびしゃになっててとても寝れる状態じゃなかったので帰宅を選択したほどだ。マイに手マンする際は、ベッドの上でやっちゃだめだな。ミニ琵琶湖だわ。

ただ、マイは結果的には素晴らしい女性だった。

なんといっても美乳( ゚Д゚)

白い、ピンクの乳首、形がきれいの3拍子が揃っていた。

また、いわずもがなエロい。

手マンで大量潮吹きをするのはご愛敬、「入れてくださいぃ・・・」と92.1%の日本男児が言われたらテンションあがるワードを自発的に表現し、圧巻は前後グラインド系の騎乗位である。

マジでチンコ折れるんちゃうかと思うほど激しいグラインド、お前相当に訓練されとるやないか・・・とツッコむまでもなく。よだれ垂らしてるかどうかは別にしてよだれ垂らしてそうな顔で乱れるマイは素晴らしいの一言である。

帰り際、タクシーに乗ろうとするマイが

「やっぱり遊びだよね?」

と意外なことを言っていた。

積極的に俺で遊んだのかと思ったら、俺が遊びだったかを聞くとは・・

マイ、明るくて楽しいエロい子だけど実は寂しがりやで純粋な恋愛をしたいとても良い子かもしれない。。。

「さよなら、気をつけてね!」

とだけ告げ、その場を去った。

本当はおかわりしたいぐらいに、お気に入りになりそうなのだが恋愛体質の女とズルズルいくわけにはいかない。苦渋の決断によるリリースだ。

マイ、いつか幸せになってください。

水分は控えめにね。

farewell!

後日、STは再び清楚子とコンパしたそうだ。

女子はまた先輩子とマイがきたそうだ。

男メンツは俺とAKO35以外のメンツだ。

完全なる仕切り直し、もちろんSTは清楚子狙いだ。

そしてその日

 

 

 

STは俺の弟になった

 

 

 

結論、マイはSTが大好きだったのだろう・・・

よかったね、マイ。

P.S.
STのときも潮吹きまくりだったそうです。

体内にそれだけ水分があるわけですから、少なくともマイは熱中症になることはないでしょう。

これから厳しい暑さが続く季節になります。

みなさんも、どうか熱中症にはお気をつけて。

スポンサーリンク

このサイトをフォローする!

コメント

タイトルとURLをコピーしました