42歳の美魔女系と出会った結果 Season1

4.ブサクエⅣ そして老害へ・・・
スポンサーリンク

俺は今、ショートヘアの美魔女系女性(42歳)に恋している。

このブログの読者、大体はナンパしてたり浮気してたりして人より多めにセックスしてる人が多い。人よりセックスしてるくせに、なんとオナニーまでもしてやがる。いい歳こいていつまで自慰してんだよこのおじいさんめが!!

スポンサーリンク

などと、どうしようもない男(少数派の女含む)ばかりだと思うのだが、君たちもそろそろ目を覚ましたほうがいい。どんなに多くの人とセックスしたところで「途中から作業になっている」のはご承知のとおりだろ?

恐らく、俺たちは野球、またはサッカーレベルの知能しか持ちえない。誤解のないように言うと、野球やサッカーが好きな人が多い。andかorかの議論はさておき、プレステでもスマホでも野球とサッカーのゲームは必ずラインアップされている。一部のアンチは無視で、大多数でいえば野球とサッカーの人気は否定できない。

そして、野球のスタメンは9人、サッカーは11人。選手交代などを含めると、出場するのは大体15人から20人ぐらい。俺はこのスタメン&控え選手、つまり1軍メンバーはせいぜい20人が限界だと思っている。つまり、真に自分の人生における思い出に残る、愛すべきエロスタメンは20人で、それ以外は2軍以下。支配下登録70人を超えると記憶に残すのさえ厳しくなってくる。

つまり、ナンパナンパで毎日毎日セックスしても関係が浅すぎて記憶にさえ残らなくなるということだ。それよりも本気の恋、Deepな恋にこそ意味がある。それを証明することについて、俺は語りたいと思っている。

・・・

客先との商談を終えた俺は、ジョナサンへと向かっていた。

ジョナサンとは、すかいらーくグループが展開するファミレスで、HPを見る限りジョナサンはグループ内では3番手の地位にいるようだ。

左上からガスト、バーミヤン、そして3番目にジョナサンが配置されている。

映画やドラマにたとえるならメインキャスト2人の次だから、結構主要なキャストといえる。

今後語り継がれていくであろう超超大ヒットドラマ「恋はDeepに(サトミイシハラが人魚という斬新すぎるやつ)」でたとえるなら・・

 

今田美桜ポジションである。

 

いつのまにか社名でもある「すかいらーく」というファミレスはなくなり、サトミ・イシハラ、ゴー・アヤノ、そして今田美桜ことジョナサン、この3強がすかいらーくを守っているといっても過言ではないだろう。いや、過言かどうかはしらんし、ドラマも見てないし、人魚姫とかどうでもいい。とにかく、ジョナサンは電源が各席にあるし、Wi-Fiも飛んでいるので超便利なのだ。ドリンクバーではアイス抹茶ラテが飲み放題ですからね、ゴックゴク飲めちゃいますわ。

スポンサーリンク

店に入り検温器で熱を測り、アルコール消毒を済ませる。

案内板を見ると

「空いてる席にご自由にお座りください」

と書かれている。ランチタイムを過ぎた時間なのである程度空席も見られる。

そういえば昔のファミレスは入り口で店員を待ち、店員がでっかいメニューをもって席に案内をしていたが、確かにあんなものは無駄なサービスだ。空いてんだから座らせろである。今田ジョナサンも進化したのだな・・・と左側に見えた空席に向かおうとしたら

「いらっしゃいませ~、お客様何名様ですか?」

右奥からやってきたショートヘアの女性店員が俺に話しかけた。

後ろを振り返ると俺以外誰もいない。俺に話しかけてるのか。

「あ、一人です。」

ちなみに回答の前に「あ」を先につけてしまったが、決して感じてるわけではない。仮にファミレスの入り口でシコって感じてたら満場一致の変態である。俺は残念ながら良識ある変態の逆側の人間である。ただし、女に飛びっこをつけさせてファミレスやファーストフードに行くのは好きだし、飛びっこでイケる女は大好きである。

「おひとり様!はい、ご案内しまーす。」

なんだよ、案内されるのか。まぁいいやと女性店員についていった。

女性店員は俺を店の右奥へといざなった。

ショートヘアに白のワイシャツ、黒いパンツ姿のファミレス店員は背筋も伸びて颯爽とした歩き方だ。

ただ、先導する女性店員が先で立ち止まり、すこし曇った表情をしはじめた。

もしかして生理にでもなったのか?もしそうなら俺の案内なんかどうでもいいからトイレにかけこんでいいですよ!!!

「すみません。こちらじゃなくて逆のあっちでいいですか?」

えええ~~~~(;゚Д゚)

とまぁ、結局俺がさっき見つけた左側の席に通された。ただ、これをきっかけにショートヘアの女性店員と恋におちた、わけではない。

ただ、この瞬間に出会ったのは間違いない。

「ばかなべさん、こんにちは。はじめまして。」

ショートヘアの美魔女は俺に話しかけてきた。

Tinder経由で。

この物語は、初老男性がジョナサンでアイス抹茶ラテを飲みながらTinderに夢中になっただけの話である。

つづく。

スポンサーリンク

このサイトをフォローする!

コメント

タイトルとURLをコピーしました