記憶ではなく記録に残る女「紀子」 Season Final

4.ブサクエⅣ そして老害へ・・・
スポンサーリンク

松竹梅理論を巧みに使い、自分より酷いデブ:明日香と最低限のレベルを担保した普通の女をキャスティングすることで、自らの立場を第三位から第二位に無理やり押し上げ「私は竹子よ♡」みたいな顔してやがる紀子(という小デブの女)とコンパをはじめました!というのが前回の記事だ。

また、先述のとおりこの記事は過去のブログ記事と手元メモをもとに書いているが、書いている本人にはまったく記憶がない。紀子って誰ですか?という感覚なので、メモをもとに「たぶんこういうことだろう」というノリで書いてればそのうち思い出してくるだろうと思ってる。

スポンサーリンク

【紀子ベイスターズ スタメンおさらい】
松:明日香様 推定75㎏ 高圧的、イラっとする、口くさい
竹:紀子CMO 推定68㎏ 中途半端
梅:普通子 推定45㎏ 普通なのにすごく美人に見える

とにかく、俺は明日香に意識がもっていかれ、紀子などどうでもよくなっていた。

とにもかくにも飲み会はスタートした。

ちなみに過去記事にもメモにも飲み会の感想は書かれていないので何が行われていたのかはわからない。

 

そしていよいよ運命のあみだくじ

 

そう、あみだくじだ。当時の俺は勝つためのコンパも譲るのも気を遣うのも考えるのも面倒くさくなり、最後はあみだくじでカップルを決めることにしていた。今考えるとめちゃくちゃだが、これが案外うまくいってたから笑えてくる。

そして、あみだくじの結果は以下のとおりとなった。

明日香→男1

 

以上。

 

なんということだろう。

過去記事には明日香と男1が結ばれたことだけ書いていて、紀子と普通子の行方は何も書かれていない。ただただ、明日香が満足そうだったとして、記事は終わっている。もうこの記事は一体何を書きたいんだ。。。だが、記事には続きがあった。

・・・

後日―

紀子CMOから飲み会後のお礼メールが届いた。

CMO「本当に楽しかったです」
俺「そ・・・それはよかったね、まずは男1をよろしくお願いします。」
CMO「ばかなべさんは私たちに興味なかったですよね」
俺「そんなことはありませんが、あの日は男1と男2のための飲み会ですから。まずは男2をよろしくお願いします」
CMO「男1、本当に人気ありましたよ」
俺「そうですか、それはよかった。ぜひ一度男2と行ってみてください。男2も紀子CMOと出会えてうれしいと言ってましたよ(言ってないけど)、まずは男1をよろしくお願いします」
CMO「でも男2は普通子ちゃんを誘ったみたい」
俺「な・・なんですって(;゚д゚)ま・・・まぁそのうち誘われるのではないでしょうか・・・まずは男2をよろしくお願いします」
CMO「本当かなー、だって・・・」

 

しつこい(´゚д゚`)

 

こちらとしては何回も男2推しで終わらせようとしてるのに・・・・

スポンサーリンク

紀子CMO、こんなこと言いたくはないのですが明日香を連れてきた時点であなたはオワコンです。

もう興味は明日香であり、あなたが男1に誘われなかったなんてそんなことどうでも・・

あ!!(;゚д゚)

よく考えたら男2が裏切ってます(;゚д゚)

もともと紀子CMOをどうするかコンパだったはず。

この局面は当然、明日香ー男1、紀子CMO-男2の流れ、4人で肉鍋でもするとか、肉肉会か!そういう流れなはずなのに・・・・

こともあろうに普通子にソロアポ打診するとは・・・
※それが正常な判断です

で、一人取り残された紀子CMOは自分が誘われずご立腹・・・

かと思いきやそうではありません。

紀子はその後もしつこいLINEを継続してきます。

よほど出会いに飢えているのでしょうか?

そこで

「わかった、もう一度メンツ変えて飲み会やりましょうか。誰か呼ぶよ」

オワコンに対してこの配慮、なんて俺はやさしいのでしょうか。

俺は良いことをした、そう思ってましたが

「ところで、男1の連絡先教えてくれない?」

 

狙いはそこかーーーーーい

 

なんかしつこいと思ってましたが、紀子CMOの狙いは男1だったようだ。なるほど、男1とつながりたいがために粘り強く俺に交渉しているのだな。

俺「それって明日香さんには不義理なんじゃないの?あみだくじで男1を当てた明日香さんに確認したほうが・・・」
CMO「男1が明日香さんが良いっていうならあきらめるけど・・・」

なるほど、俺の話に聞く耳などあるわけはなく、「もうええからやんわり男1の意向を教えろよボケ!」ということですね。

・・・なるほど、厄介で面倒くさそうな小デブ戦士紀子にしつこくつきまとわれてたって話か。。当時の、俺、おつかれ!てことで次のメモを開いたら一言だけ書いてあったのが

 

 

「結局パン子かよ」

 

 

え!?

どういうこと!?(;゚Д゚)

ねぇ教えてよ!!過去の俺!!

どういうことなのーーーーー!?

と叫んだところでもう誰も教えてはくれない。

少なくとも、パン子確認がとれたということは、俺か俺以外かにかかわらず、きっと紀子を抱いたのだろう。きっと紀子のクリトリスを癒したに違いない。

何かの本で読んだがクリトリスは女が性的刺激を感じる以外、機能はないらしい。女の身体には最初から性的刺激を受けるためだけの部位を持っているのだ。

男の俺たちは、ただただクリトリスを刺激し、女に性的刺激を与え続けるだけだ。

すべては女の快感のために。

メモをとったり写真を残していても記憶に残らないクリトリスもある。

だが、俺たちがクリトリスを刺激した記録は残し続けたい。

クリトリスの快感を、風化させてはならない。

俺がなぜ、このブログを書き続けるのか。

それは刺激したクリトリスの記録を風化させないために記録を残しているのである(意味?不明だよ)。

スポンサーリンク

このサイトをフォローする!

コメント

タイトルとURLをコピーしました