記憶ではなく記録に残る女「紀子」 Season2

4.ブサクエⅣ そして老害へ・・・
スポンサーリンク

まったく記憶にない女からLINEでコンパ打診を受けた。

彼女のLINE登録名は「紀子 デブ」である。

紀子とデブの間が半角スペースではなく全角スペースなあたり、デブに対する強調度合いが感じられる。

快諾したら高級焼き肉店希望を出してきたのでお前が焼かれろブタ、とスルーしてたら1か月後にまたもやコンパ打診があり、このたびそれを受け容れたというのが前回の話である。

スポンサーリンク

当日―

俺は基本的に飲み会にはオンタイムで参加するタイプだ。どうも人を待たせるという行為が苦手だし、遅れてきていいのは美男美女だけ。

美男美女が遅れて現れるのはある意味演出にもなるが、ブスチビが遅れてきた日にゃ、単なる迷惑だし、お前なんか来ても来なくてもどうでもいいし、時間管理ができないブスチビってもうどうしようもないだろ、と断罪されるのは間違いない。

よって、基本的に時間は守るタイプだが、この日は1時間以上遅れた。だが「紀子 デブ」が相手なら仕方ないか・・・意味不明な納得感があった。

「あちらのお席です」

店に到着し、店員さんに言われたのは角に位置する席。

どうやらみんなご歓談中のようだ。

デブ1 男1 普通子
---------
---------
空席  デブ2 男2

姉さん事件です。

 

 

どっちのデブが紀子CMOかわかりません

 

 

見たら思い出すだろうと思っていたが、まったくわからない。誰だよお前ら。デブ1、デブ2、お前ら誰?

さらに、俺は気づきました。

デブに囲まれた角が空席・・・

か・・・完全に仕組まれてる(;゚д゚)

この席に座ることで、俺の手の届く場所にはデブorデブとなる。

デブ1:推定68㎏、

デブ2:推定75㎏

この記事を読んでいる人は『紀子がどっちでもええやんけ』と思うだろう。

確かにこのコンパは紀子CMOを男1か男2に紹介するビジネス(押し付けるとも言います)だけであり、俺的にどうでもいいコンパです。

しかし、俺の信条は『すべての女性にハピネスを提供する』だ。

当然に紀子CMOも女性セグメントに属する。

デブかどうかではない女かどうかだ。

デブであろうが、女であったとしたなら

俺の信条も『すべてのデブにハピネスを提供する』と言い換えることになるのだ。

そんなデブスホスピタリティ溢れる俺なのに、こともあろうにどっちのデブが紀子かわからないなんて・・・

「遅れてすみません!えっと、どちらのデブが紀子さんでしょうか?」

当たり前だがこんな失礼なこと言えるわけはない。

これは困った・・・そう思いながら席に向かい空席に鞄をおいたとき

デブ2「はじめまして」
俺「あ・・・あ、はい!はじめまして!」

 

 

ナイスデブ2!

 

 

デブ2の素晴らしいパスにより、どっちが紀子CMOかわからない事件は未遂に終わった・・・

難局を乗り越え、すっと胸をなでおろしたのも束の間、一難去ってまた一難。

デブ2(名前は明日香)は極限レベルなのだ。

何が極限かというと、見た目はだいぶ大きく、お世辞にもぽっちゃりとは言い難いレベル。

ただ、そんな小さな問題(小さいか?)はどうでもいい。

問題は、彼女の言動にあった。

簡単に言うと、少し「お勘違い」なさっているのか・・・素振りや態度が高圧的なのだ。

さらに

「あー、わかるー、私それむりー」
「だよねー、超きもーい」

よくある合いの手の言葉さえ、なんか腹たつのだ(;゚Д゚)

ちなみに、明日香は紀子CMOの会社の先輩ということもあり、北西から先輩風さえも吹かす(;゚д゚)

スポンサーリンク

さらに・・・、

気のせいであろうか・・・

これは正直言いづらいことではあるが・・・

明日香先輩は・・・

 

 

少し口がくさい

 

 

ほのかにかほる明日香臭・・・・(ノ´∀`*)

俺はここでとんでもないことに気づいた。

 

紀子CMOのキャラが薄まっている。

 

明日香のキャラが立ちすぎて、残った二人のキャラが見えなくなってきた。

<解説:なぜ紀子CMOのキャラは薄まったのか?>

ここで女情報を軽くまとめよう。

松:明日香様 推定75㎏ 高圧的、イラっとする、口くさい
竹:紀子CMO 推定68㎏ 中途半端
梅:普通子 推定45㎏ 普通なのにすごく美人に見える

皆様おわかりだろうか?

今回のコンパは紀子CMO兼デブを男1or男2に押し付ける会である。

一方、この試合、紀子CMOは、先発メンバーに松:明日香、梅:普通子を選んだ。

普通子を連れてくることで無難なキャスティング能力があることをアピールする一方

先輩の明日香を投入し、自らが竹ポジションに設定した。

これははっきり言って罪深い。

デブ専相手ならまだしも、デブ専じゃない男相手のこのキャスティングは明らかに計算が入っており、先輩としたいながらも一番の明日香デブを明らかに松茸梅の梅で使おうとしている。

紀子CMOは確かにデブなのだが、明日香を見ているとそうでもないような気さえしてくる。

また、紀子CMOの顔面は残念ながら普通。

やせればレベル19も夢ではない。

つまり中途半端なぽっちゃりくらいに格下げしているのだ。

ちなみにチェーン居酒屋などが行っている宴会コース(松、竹、梅)、客のほとんどは竹か梅を注文するそうだ。

仮に値段の高い松とリーズナブルな梅の2種しかなかった場合、8割が梅を選ぶとしよう。それが松、竹、梅の3つに分散させると、松:2、竹:4、梅:4となれば、もともと梅8だったのが梅4、竹4に分散し実質単価が上がる効果がある、というのが松竹梅理論だ。

安すぎるのも高すぎるのもアレなんで、真ん中の竹を選んでおけば無難という考え方、チェーン側はその心理的作用を利用し、竹がもっとも利益率の高い料理にすることもあるのだとか。

この情報を知っているか、知らないかはわからないが、紀子CMOは自らが竹になるよう図った可能性が極めて高い。

策士紀子、これからいったい何をしかけてくるのだろうか?

ちなみにこの記事は俺の記憶に基づいていない。

過去記事とメモをもとに書いているし、今なお紀子CMOって誰やねんという気持ちで書いている。

やめてくれ、何のために書いているのかを俺に問うのは。

この記事にかかわらず、なぜブサクエを書き続けているのかは本人が一番わかっていない。

つづく。

スポンサーリンク

このサイトをフォローする!

コメント

タイトルとURLをコピーしました