オクトーバーフェストの正しいナンパ手順 Season Final

4.ブサクエⅣ そして老害へ・・・
スポンサーリンク

オクフェスでの正しいナンパ手順として、トイレから出てきた女にペヤング片手に「女子便所から熱湯が出る都市伝説」をアツく語るという方法を前回の記事で紹介した。

表題の「オクトーバーフェストの正しいナンパ手順」の話題はここで終わっており、その後の小太り奥様とのコンパ展開ははっきりいって無駄話。

さらに、ここから無駄コントの後に起こった俺の無駄話を書こうとしている。もはや表題とはまったく関連性はなくなったが、このブログ読者はそんな小さなことにいちいち文句を言うようなつまらない人ではなくてただのアホだと思っているのでこのまま書かせていただくことにする。

スポンサーリンク

小太り奥様とのコント(またの名をコンパ)から脱出した俺は駅へと向かっていた。

時計を見るとまだ22時すぎ。

フライデーナイトの駅には多くの人たちが歩いていた。

こんな金曜は許されない、何かをしなければ・・・

早速、ナンパを繰り返し順調に5連敗ほどしたあたりからだんだん声掛けもふざけてくるようになる。

「カラオケ行きません?」→「唐揚げ行きません?」
「お仕事帰りですか?」→「お仕事カエルですか?」
「一杯飲みましょう」→「おっぱい飲みましょう」

いかにバレずにナンパするか、そこに集中することで「いや、いいです」などと断られても「ふっ、俺のボケに気づいていないようだな」と逆に勝った気持ちになれる。

そしてついに

「おっぱいだけ飲みましょう」

でついてきてくれた女がいた。

・あみ レベル19 28歳 公務員

いかにもカタそうな女だっただけに、おっぱいを飲ませてくれるなんて、おっと間違えた、ナンパについてくるなんて意外だ。

さっそく、激安居酒屋へ連れ出した。

職場の飲み会の帰りのあみは、黒髪ショートボブ、地味目、極めて普通だがさっきの小太りと比較すれば、太ってないしちゃんとしてる。それだけで美人に見えてしまうから不思議だ。

そして、話せば話すほどあみのテンションは爆上がり、するわけはなく

「怪しい」「軽い」などのありがたいお言葉を俺に投げかけ、本当に1杯でお帰りになられた。

は?

LINEを聞き出すことすらなかったので、俺は自分からカツアゲされに行ったようなものである。

ふっ、俺を見くびるなよ。

今日はフライデーナイトだ。

そして、ブスチビとはいえ、とはいえだよ。

俺様はブサイククエストの党首ばかなべであーーる。

俺の話術があれば、フライデーナイトに酔っぱらった女を回収することなど余裕でしかな

 

 

悪夢の10連敗\(^o^)/

 

 

最後に声をかけた女には舌打ちをいただきました\(^o^)/

もう帰る。

一旦、頑張ったけどもう無理。

なんだこの金曜は

こうなったのも全部小太りのせいだヽ(`Д´)ノ

あの小太りめヽ(`Д´)ノ

などと小太りに怒り心頭だった俺の目の前に

 

推定60キロの小太り女が現れた(;゚Д゚)

 

いや、さっきの小太りとは品質はまったく違う。

見事に体型を隠す黒のワンピース、すっきりした和顔はきれい系。

だが、いかんせん小太り。

今日の俺はなるべくなら小太りは避けたかった・・・

しかし、ひとつの言葉が俺を突き動かした。

小太りにはじまり、小太りに終わる

今日は小太りの日なのか!?←そんな日はない

おっぱいだけ、いや、一杯だけと誘ったら小太りはあっさりとついてきた。

・小太り和顔子 レベル17 29歳 エステ

さっきまで仕事だったらしい。1時間ほど談笑、飲み方が妙にハイペース、ナンパ慣れしている、やや態度がふてぶてしいなど、ときめき要素はまったくないが「疲れた」「眠い」などわかりやすい信号を出してくれたので、コンビニ経由でラブホ―を唱えた。

スポンサーリンク

さっさとギラつこうと思ったら

「ちょっと待って」

ガチでさえぎられた(;゚Д゚)

和顔子はスマホを充電しながらタバコをふかしスマホをいじくりはじめた。

マテを指示された犬(ばかなべ)はお座りして大人しくハイボールを飲みながら待つ。

「ごめんねーおまたせー」

その後、和顔子のペースでセックス開始。

フェラーリ極上ーーー( ゚Д゚)

なにこれなにこれ(;゚Д゚)

ザラついた舌で珍子のカリ部分、鬼頭をほどよく刺激し、フィット感抜群の加え方、つばを巧みに使い・・・

ジュボジュボジュボ
ジュボジュボジュジュジュボ

名器のマンコ並みじゃねぇか(*´∀`*)

あまりフェラ好きではない俺だが、和顔子のフェラはたっぷりと堪能させていただいた。

気持ちよすぎて発射しそうだったが、そこはなんとか我慢。

攻守交替でスレッガーテマンをほどこすも、こちらは消化不良気味。。。

これ以上引き延ばしても盛り上がりは期待できない・・・合体(゚Д゚)

挿入したとたんに和顔子も盛り上がってきた。

珍子を抜きふたたび手万ーーーー!

ぶっしゃーーーー\(^o^)/

ふっ、ビールの飲み方でお前は噴くやつだと思ってたさ( ・∀・)

その後は正常位⇒騎乗位⇒バック⇒昇天で終了。

・・・

<試合後インタビュー>

-ばかなべさん、お疲れ様でした。率直な感想として、本日の試合はいかがでしたか?

「そうですね、前半の展開から今日は厳しいかなと思いましたが金曜だったんでね、苦戦しましたけど、なんとか結果に結びついてよかったです。」

-前半戦はまさかの展開でしたが、小太りにアタックはしなかったんですか?

「そうですね。もともとアタックするつもりでしたが、話を聞けば聞くほどモチベーションの維持が難しくなったんですね。」

-なるほど、一方で小太り和顔子についてはいかがでしたか?

「そうですね、小太りブスと違うのはやっぱり顔面で、圧倒的に違いました。

アイスドール 和泉由希子

痩せればあいのりに出てたプロ雀士の和泉由希子風なんですけどね。」

-あの・・それ誰ですか・・・ま、まぁわかりました。ちなみに小太りのほうは例えるなら?

「そうですね、彼女は

8e6c7e3c80578f4aa02c76cf8194fb83_266.jpeg

こちらの方ではないでしょうか?」

-えらい差ですね・・・ただブサクエCEOとして顔面の善し悪しで案件を決めることに対する批判の声もあるのでは?

「そうですね、もしかするとそういった見方をされるかもしれません。ただ、今回の件は顔面の問題はありません。なぜなら私は小太りを当初狙っていたわけですから。ただ、どこかのタイミングで無になってしまったんですよ。」

-和顔子については興味はもてましたか?

「そうですね、和顔子については小太りと逆で話すうちに興味がわいてきました。

和顔子は18でキャバ嬢となり、当時はやせていて結構人気があったそうです。自分で小太りを自覚しているあたり好感が持てます。

その後、酒と怠惰な生活で太り、キャバでは通用しなくなって引退。今はエステ・・・などと言ってますがエステなんて怪しいもんですよ(笑)」

-なるほど、そうなるとお前は何者だに興味がいくわけですか?

「そうですね、セックス後に聞いた話によれば、和顔子は彼氏はいるそうです。まぁそれはいてもおかしくないかと。が、それとは別に50代のステディ(某大学の講師)がいるそうです。」

-50代ですか!?(笑)

「飲み会で知り合ったらしいですが、どんな飲み会やねんですけどね(笑)

大学講師の50代、この人がめっちゃ早漏でセックスが下手くそ、さらに格好良くもないというんですね。そうなるとなんでステディ?と思うわけじゃないですか。

理由はステディが和顔子にめっちゃ惚れてるそうで、和顔子はタダ飯だけでなくさまざまな恩恵を受けているそうです。
※恩恵の内容はご想像におまかせいたします。

このあたりから和顔子のカス発言が連発するんですが。

空き時間に呼び出してメシだけ奢らせて帰らせたり、ホテル入ってもあんまりセックスしてあげないそうで。フェラもしてあげない(さっきしてもらいましたけど)だけでなく

『タバコ吸いながら手コキですぐイクから超ウケる』

など、完全にバカにした発言もありました。

ただ、その大学講師も大学講師で、ある日ちょっとした和顔子の祝い事があって。大学講師は食事に誘ったそうなんです。ホテルのレストランに。

で、食事のときにプレゼントを和顔子に渡すわけですが、そのプレゼントが築地で買ってきた『かに弁当』だったっていう(笑)

メシ食いにきて弁当プレゼントするってどういうことやねん(笑)

って思ったんですけどね。ワタクシ、重大なことに気付いたんです。」

-重大なこと?それは何でしょうか?

「メシ食いにきて、弁当をプレゼント。頭おかしいと思うじゃないですか。でもそれって

和顔子を太らせる作戦?

そう思ったわけです。結局、メシ食いに行った後、ホテルでかに弁当食べたらしいんです。食うんかい!っていうつっこみは置いといて

よくよく聞いてみたら、大学講師との関係は4年ぐらい続いてるらしいですが、そのころから太りだしたらしいんです。

で、いつも肉・寿司などを食わせてくれるんです、好きなだけ。だけど、自分はあまり飲みも食べもしないそうです。」

-ということはつまり・・・

「そう、大学講師は

まぎれもなくデブ専だと思われます

恐らく、

和顔子の顔も気に入っているのでしょうけど、どちらかというとデブ専であることが伺えます。

さらに

彼はドMの可能性が高いです

タバコ吸いながら手コキで済まされるのも、彼が望んでいるプレイなんじゃないか?と思いだしたんですね。

結局

大学講師は和顔子の思うがままで、和顔子に主導権があるように見えますが、

実は大学講師に主導権があるのでは?

太るタイミング、プレイ内容を見てもそう思えてなりません。

世の中にはとんだ変態がいるのだな、そう思いつつ2回戦に突入しようと思ったら

フェラで昇天してしまいました

スポンサーリンク

朝方

和顔子をホテルに残し、1人帰宅。

そういえば、和顔子はこうも言っていた。

大学講師には彼氏の話もするし、今日のようなワンナイトラブな話も正直に話すのだそう。

そのたびに大学講師は複雑な表情を浮かべるけど、和顔子から離れない。

決まってその後のプレイはいつもより燃えているらしい。

あれ?

ということは

俺も大学講師に利用されただけ?

「ありえるな」

朝日を浴びながら感じた。

このサイトをフォローする!

コメント

タイトルとURLをコピーしました