オクトーバーフェストの正しいナンパ手順 Season1

4.ブサクエⅣ そして老害へ・・・
スポンサーリンク

「すみません、ペヤング食べたいんですけどトイレからお湯出ますか?

公衆便所から出てきた女にキラキラした目で語り掛けたのは連れの志村だ。

ぺヤング

志村は女子トイレの蛇口からは熱湯が出るという都市伝説があるんと女に語っていた。

賢明な読者の方ならわかると思うが、志村はペヤングを利用してナンパしているだけである。

「食べ物で遊ぶな」

私は幼少のころからそのように教育を受けてきた。

そんな私からすればペヤングナンパは信じられない行為だ。けしからんよまったく。

スポンサーリンク

日比谷公園で定期的に行われるオクトーバーフェスト。

多くの丸の内OLと汐留界隈のナンパ野郎が集まるこのイベントは、いかに他人と異なるナンパをするかが勝負だ。

そこで志村はペヤングに目をつけたのだろう。

ただのくるくるパーである。

さらに信じられない問題があった。

志村が声をかけたトイレから出てきたこの女だが

小太りである\(^o^)/

美人、かわいい、美人をスルーしてからの小太りアタック。

月曜から噂しはじめ金曜に発表して翌週月曜から始まる緊急かどうかよくわからん緊急事態宣言のように謎である。

・・・

小太りの左手薬指には指輪がなされていた。どうやら結婚しているらしい。

久しぶりに独身男性と話す小太りは志村とのトークにノリノリだ。まったくどうしようもない奥様だ。

「LINE交換します?」
「私、今携帯おいてきちゃって・・」
「じゃ、とってきてくれたらLINE交換するよ」

ペヤング片手に志村は斜め上78度くらいからの態度でスマホもってこいと指示していた。

何もかもがおかしい。

小太りはそのまま去っていった。

さすがにこれは女性に失礼。

「おい、志村。相手は既婚者だ。しかもあの態度はやりすぎだぞ」

誠意大将軍の俺は志村に指導をしようかと思ったタイミングで

 

小太りが小走りで戻ってきた(;゚Д゚)

 

いや、小走りと表現したが彼女の中では全力の走りだったのかもしれない。満面の笑みを浮かべながら、ゆっさゆっさとおっぱいと腹のぜい肉をゆらしてこちらに向かってくる小太りの移動推定速度は50m10秒台といったところか。

そして小太りの右手には白い長方形の物体があった。

暗くてよく見えなかったが、十中八九あれは携帯電話であろう・・・

 

そしてなぜか私がLINE交換していた

 

志村は別の女にペヤング都市伝説を語っていた。

信じるか信じないかは、あなた次第です、とでも言っているのだろうか。

・・・

ー2週間後の金曜

俺たちは小太りとコンパ、いや、コントを開催することにした。

フライデーナイトを小太りに捧げるあたり、俺の器のでかさを感じえない読者は多いことだろう。

器の大きさに一番驚いているのは、俺であり「何やってんだろ」と開催前に落ち込んだの俺だ。

ちなみに、ペヤングナンパ師志村はコント不参加。理由は「俺、小太り無理っす」いやいやいろんなことがおかしいだろ。

【小太りベイスターズ スタメン】
・小太り  レベル14 32歳 OL 奥様・幹事
・普通   レベル18 30代 OL 独身
・小太り2 レベル19 20代 OL 独身

なるほど、小太りが小太りを連れてくるとは、これが小太り連鎖というやつか。などと揶揄してる俺自身も小太りなので小太りだらけのコントになってしまった。

どちらにしても、俺はスレンダー好きなので普通一択でいかせていただき、コントメンバーの山田、鈴木に小太りを回収してもらおう。

スポンサーリンク

ちなみに連れの女は職場の人間らしい。

結婚してるくせに職場の人間を連れて飲み会とは、なんてワキの甘さだろうか。

まぁいい、このワキの甘さもビッチならではだ。

ついでにワキがくさかったならクサ甘、完璧だ。

前向きに受け止めよう。

さて、小太りコントはどうかろいうと、どんなお客様であろうと全力で楽しんでもらうを理念に掲げている俺たちである。もちろん大いに楽しんでいただいた。

だが、明らかにひとりコントの足を引っ張る人がいた。

もちろん小太り奥様である

この人、変にテンションが高いのはいいけど、いわゆる空気が読めないタイプで、ヘンな間合いで話をさえぎり、せっかく盛り上がってきても横から介入してことごとく話題を潰すなどとにかく大暴れ。

まずい・・・

良いところが見えなくなってきた(*´∀`*)

イカンイカン!!

何を言い出すんだばかなべ!!

こいつの良いところをさがすのだ!!

こうなると興味の矛先は旦那に向かう。

この女のどこに惚れて結婚したのだ?

小太りで空気もよめない、加えてたいしてかわいくもない(それは主観です)。

だが、彼女は結婚している。

つまり、彼女の魅力を見出した男がいるということだ。

私は、小太り奥様の真の魅力に近づくため旦那とのなれそめなどを聞いた。

サッパリわからなかった\(^o^)/

これは完全に私のミスだ。

そもそも、彼女に説明を求めたのが間違いだったのだ。

彼女が何を言ってるのかサッパリわからなかった。

ただひとつわかったのは、なんとなく結婚したということだ。

さらに

旦那の話がらみで重大な事実が確認された。

男に興味が無いらしい

聞いてもないのに衝撃の発言。

さらに

セックスレスらしい

聞いてもないのに衝撃の発言。

さらに

セックス自体苦手らしい

なんとなく結婚したが

仮に今の旦那と結婚してなければ、一生結婚してなかっただろうとおっしゃられていた。

ちなみに、普段の過ごし方・趣味はスマホゲームと酒で旦那とのかかわりはほぼないという情報もキャッチした。

この人、あちら側の人だ(゜-゜)

話を聞けば聞くほどに、ばかなべ軍団取引所の小太りブス株は続落。

やがてストップ安となり、気付けば無関心になってしまった(゜-゜)

なお、恒例のあみだくじを決行したところ・・・

バッチリ私が引き当てた\(^o^)/

さぁ、帰ろう(゜-゜)

そう思ったまさにそのとき

「えーやだ、私、鈴木君の連絡先しりたーーい」

(゜-゜)(゜-゜)(゜-゜)(゜-゜)(゜-゜)
↑小太り以外の5人

小太りにコンパルールなんてものはございません(゜-゜)

今、自分がすべき仕事は早急にこの小太りと決別すること。

会計を済ませ、店を出て、走って逃げました(゜-゜)

おしまい。

なお、山田は終電まで粘ったものの惨敗、鈴木に至っては終電逃しまでいったものの惨敗。

これらの行為を一般的に散財といいます\(^o^)/

つづく。

スポンサーリンク

このサイトをフォローする!

コメント

タイトルとURLをコピーしました