既セクとスーパーに行ったら衝撃事件が発生した話 Season3

4.ブサクエⅣ そして老害へ・・・
スポンサーリンク

酒を飲んでない時と酒を飲んでる時の俺は、カンフー映画見る前と見た後の中学生ぐらいの違いがある。これから現れるであろう暴れ者を退治するため、アポ直前というタイミングで俺はストゼロ2本を完飲し、無敵のラオウモードに突入した。

余談だが、これから俺が戦う敵=暴れ者は、あばれる君ではない。あばれる君は名前こそ暴れそうだが全然暴れない、いい人だ。俺の敵は本物の暴れ者、出会い系で知り合った男を次々と食い散らかし、モテたと勘違いしワガママ放題の真の暴れん坊=クソ出会い厨だ。

スポンサーリンク

アポ直線に当たり前のように30分遅刻を宣言するこのクソ女をぶち倒すため、正義の味方、あ、正義ってのは孫正義とは関係がないのだが。正義の味方「俺」は立ち上がった瞬間に、化け物婆が現れて「にげる」コマンドを連打したというのが前回の話だ。

もうお気づきのことだろうが、このブログに出てくる物語は大体内容がスカスカなので無駄話で結構な文字数を稼いでいる。ガハハハハハハハハハ!!このように意味もなく笑って見せることもある。

話を本題に戻そう。

18:30:02

怪物クラスのオバハン登場とともに、条件反射で上野ABABの店内に身を潜めた。

2階へ上る階段あたりで足を止めふと後ろを振り返ると、そこにオバハンの姿はなかった。

耐えたーーー。

ふぅ、とりあえず逃走は成功したようだ。

てか、あのオバハンめっちゃ態度わるいやん(;゚Д゚)

誰かを探しているのだろうか、周りをにらみつけるような態度はザ・上野御徒町の言葉がピッタリだ。

年齢は40オーバー、体重70キロ超え想定。俺はあのオバハンとメールをしてたのか?いや、さすがにそんなはずはないが・・・待ち合わせ風の女があのオバハンしかいない。。

「とりあえず落ち着こう」

ため息をつきながらABABの2階のいすにへたり込み、様子をうかがうことにした。

時計を見ると18:40。

もともと18:00待ち合わせだったので、結局40分遅れだ。

化け物オバハンは相変わらずABABの前にいる・・・

あのオバハンか、さらに遅刻をするならず者か、どちらにしてもふぜけてる。

よし、ここは探りを入れよう。

チサのヤフーメールへ到着した旨を送信。

すると・・・

オバハン携帯見てるやーーーん(*´д`*)

アカン、これはマジでアカンやつかもしれん・・・

絶望を感じていると、急に激しい尿意が俺を襲った。

ストゼロ効果か、または化け物オバハンにチビリそうになったのか、わからんがとりあえずトイレで放尿しよう。

・・・

-放尿後

再びABAB2階の椅子に座った。待ち合わせ場所から化け物オバハンは消えていた。

メールの返信もない。

うーーむ、オバハンじゃなかったとはいえこりゃすっぽかしか?

時計を見ると18:45、なんだよこれ面倒くせぇな・・・

と思った瞬間、、

 

トントン

 

へ?今誰かが俺の肩をたたいた。

ということは、俺の背後にチサがいるということか!?しかし、さっきの化け物オバハンだったらどうしよう!?などと0.1秒ぐらいであらゆる可能性と恐怖を想像しながらも、肩をたたかれたからには振り向かざるを得ない。

もう、どのような結末になろうとも、すべてを受け止めよう。受け入れるのだ、すべてを。俺は勇気を振り絞って振り向くことにした。デブだろうがババアだろうがどうでもいい!!もうどうにでもなれ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お前、誰やねーーーん(;゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

なんでなんでなんで(;゚Д゚)

俺は男と、なぞの中東人のこのおっさんとやりとりしてたの!?(;゚Д゚)

あまりに衝撃すぎて俺は現実を受け入れられなかった。

そして彼は口を開いた。

「ヒトツズレテモラッテモイイデスカ?」

へ?(゚Д゚)

「スイマセン、ズレテモラッテイイデスカ?」

<状況>

ーーーーーーーーーーーーーー
空席 空席 空席 ばか 空席

中東人子 中東人子 中東人 中東人母

あーなるほど。

4人で座りたいから。

席をひとつずれてくれと。

で、トントンですね・・・

びびらすなやーーーー(*´ω`)

スポンサーリンク

俺は席を中東人家族に譲り、1階へ戻った。

時計を見ると18:50。

周りを見渡しすとさっきのオバハンもいなければ、それらしき女性も見当たらない。

携帯を見ても、サイトを見てもチサから連絡はない。

ホンマにやられてるやん(゚ε゚ )

なんですか?

この仕打ち。

ホンマに趣味の悪いイタズラですわ。

「こんなとこ、2度とくるかボケ!(゚Д゚)」

俺はABABに向かって捨て台詞を吐きました(心の中で)。

ふざけやがって、酒や、酒や!!酒もってこーーーい( ゚Д゚)

まさかのストゼロソロ3杯目を求めて俺はコンビニに向かっていた。

ブーブーブーブー

ん?

メール?

「もうつきました。白の水玉のワンピ着てます」

 

 

( ゚Д゚)ハァ?

 

 

もう着きましたぁ?

時計見たらもう19時。

おいおいおい

もう着きましたじゃなえだろうよ。

あんた30分も遅れてんだよ?

いや、もとの約束からしたら1時間遅れてんだよ!!!

どういう教育受けてんの?

正しくは

「遅れて申し訳ございません、今到着しました」

ぐらいでしょうが!!!!

わりゃなめとんか(゚Д゚)

怒りに満ち溢れた俺、いやラオウは、怒り狂ったあまりに

 

 

 

スキップでABABに戻りました(ランララララーーーン)

 

  

 

無論、「了解です!(^▽^)/」と返信したのは言うまでもない。

19:01:03

俺はスキップでABABに戻りながら仮説をたてていた。

一般的に、正しい日本人なら30分も人を待たせたら「すみません」を季語に五・七・五で謝罪の川柳を述べるはずだ。

だが、チサからの連絡に川柳要素はない。

これだけを取り出せばネガティブな想像しかつかない。

だが

平気で待ち合わせに遅れるということは、結構美人かもしれない。

スポンサーリンク

美人は多少の遅刻が許される我が国日本。

多少の遅刻が10分だとするとその3倍にあたる30分だから、相当に期待できる。

性格は死んでるかもしれないが美人だからこの自信満々の遅刻なのだろうか?

ネット出会い厨とは揶揄したものの、チサはTwitter側の闇が深い女ではなくInstagram側の華やかな女なのかもしれない。

であれば、インスタ女子に見合った対応をどうとろうか・・・

などと、あらゆる仮説をたてながら待ち合わせ場所に行くと、

遠目に白の水玉ワンピ女を確認した。

そして近づくにつれて実物大のチサが明確になった。

待っていたチサ、彼女は

 

 

ただの小デブ女だった(´з`)

 

 

お・・・おま・・・お前、どう見てもTwitter側の人間やないかぁ(´゚д゚`)

小デブの分際で俺を1時間も待たすとはなめとんかこりゃぁぁあああああ(´゚д゚`)

シバく、絶対にシバく(´゚д゚`)

つづく。

このサイトをフォローする!

コメント

タイトルとURLをコピーしました