すべては、おっぱいに帰結する

8.どうでもいい話
スポンサーリンク

このブログの読者は99.9%男だと思ってる。

だから気兼ねなく何でも書けるのは非常にありがたい。

スポンサーリンク

いや、稀に女の読者もいるし、女の読者と会ってセックスしたこともあるが、彼女たちは俺たちの(ていうかブサイククエストの)理解者だった。

俺がめちゃくちゃなことを言い、めちゃくちゃな要求をしても応えてくれた。

映画館でオナってください。
モスバーガーでオナってください。
申し訳ないんですが4Pやりましょう。

何を言っても応えてくれた彼女たちは天使だ。

彼女たちは女の中では稀な存在なのかもしれないが、確かに俺たちの同士である女もいるのだ。

もちろん男はこう、女はこう、と決めつける気は毛頭ない。

ただ、男はこういう傾向があり、女はこういう傾向があるというのは、今の段階では認めざるをえないとも考えている。

今後、男女によって分けられた傾向は多様化していき、融合したり価値観も変わっていくことになるだろう。

ただ唯一、

きっとこれからも変わらないものがあるのだろうと思う。

 

それは、俺たちにとってのおっぱいである。

 

おっぱいについて、さまざまな論者がいるのは理解している。

もっともみなが理解しやすいのはサイズ感だ。

アルファベットで示すならば、Aカップ派、Bカップ派、Cカップ派、A~Cを同類項とし微乳派(美乳派)という派閥として扱う場合もある。無論、俺は微乳派であり美乳派でもある。

一方、Dカップはもっとも普遍的おっぱいサイズイメージがあるが、普遍的であるがゆえにDカップ派という言葉はあまり見当たらない。普通すぎるのだ。いや、Dカップを普通というとA・Bカップあたりからぶん殴られそうだが、実際のところDカップは結構当たり前だ。

そして巨乳はEから、という価値観も根強い。

Eカップ派、Fカップ派、Gカップ派あたりまでがいわゆる普遍的巨乳派で男の約6割がこのE~Gの巨乳派に属すると言われている。

Hカップ派、Iカップ派、Jカップ派は巨乳ではなく爆乳派として処理される。デカければエロいという短絡的考え方のやつらが多いので、爆乳派の男は全員超バカだと思ってる。

Kカップ以降は一部のマニアに好まれるもので、ほぼデブ女であることも多いことから論外としよう。

さて、フロイドの幼児性欲説によれば、人間は生まれながらに性欲があるとされている。俺たちはおかんのおっぱいを吸って喜んでおり、その表情は射精した40代のおっさんと同じ表情だとも言われている。

つまり、俺たちは生まれてすぐに性欲を持ち、しかもその性欲のはけ口がおかんのおっぱいだったのだ。

俺の父親は、俺が子供のころ、宮沢りえのヌード写真集「サンタフェ」を購入してくれた。親父はうれしそうに宮沢りえのおっぱいを眺めていた(俺たち家族がいる前で)。

そんな父親を俺は軽蔑した、はずは一切なく。

親父が飽きてすぐ俺に「サンタフェ」をくれたので尊敬さえしていた。ありがとう、おとん。

俺ほどの上流階級になると、少年時代から宮沢りえのおっぱいを眺めることができた。

このように、俺たちはあの手この手を使って今までおっぱいを見てきた。

そんなおっぱい好きのお前らならわかっていることだろう。

この季節、

 

 

走っているOLを見逃してはならないことを。

 

 

走るOLは、一体何に急がされているのか、どんな危機感があって走るのか、それはわからない。

だが、ここ東京でも少なくとも10万人以上、毎日何かしら走るOLを見かける。

駅内で走るOL。

道路で走るOL。

車内で走るOL。

何の理由があって走っているのか、それはわからない。

だが間違いなく言えるのは、走るOLたちの

 

 

おっぱい揺れている

 

 

OLの走り方により、右へ左へ8の字を描きながら揺れることもあれば、単純に上下に揺れることもある。どちらの揺れ方であっても、揺れていることは間違いなく俺はこの現象をおっぱいエイトビートと呼んでいる。

スポンサーリンク

ご存知のとおり今はネットをかけめぐればおっぱいどころか女性の局部、いやらしく感じる表情、マニアのやつなら肛門から出てくるウン(自粛

どんなものでも見れる。

すごい美人の裸体を見れるし

すごいエロい女の乱れた姿も見れるし

素人たちがミスって流出したリアルっぽいハメ撮りも見れる。

俺が少年の頃なら、シャアグフぐらいの価値があったこれら動画も、今は量産型ジムぐらいの扱いである。

そして、どんなに魅力的な量産型ジム系エロ動画も、やはりリアルOLのおっぱいの揺れには勝てない。

リアルのOLが走って揺らすおっぱいに勝るものはない。

そのおっぱいに憧れて、俺たちはナンパする。

ナンパして、和んで、ベッドに誘う。

やがて、服の上からおっぱいを揉み

盛り上がったタイミングで服を脱がせ、ブラジャーも外す。

さぁ、いよいよおっぱいとのご対面。

そしてほとんどの男は乳首を吸うだろう。

何も出てこないことがわかっていても乳首を吸うのだ。

フロイドの幼児性欲説に従って、俺たちは乳首を吸うのだ。

ていう屁理屈を俺はよく言います。

スポンサーリンク

このサイトをフォローする!

コメント

タイトルとURLをコピーしました