40代ブス男が、自由が丘でナンパした結果 Season1

4.ブサクエⅣ そして老害へ・・・
スポンサーリンク

Tinderで軽くラリーした後にLINEやカカオに移行してマッチング解除する女は絶対に信用してはならない。と、学んだのは前回の記事のとおりだ。

Tinderでやりとりをした後、他のSNSに誘導後マッチング解除する理由として考えられるのは通報防止だ。逆を言えば通報される恐れがある、または通報されたことがある奴らの仕業なのかもしれない。

スポンサーリンク

いずれにしても、俺はクソな女に2度までもすっぽかされた。しかも、今回の女はLINE電話で和んだにもかかわらずだ。なるほど、こういうこともあるのだな。とはいえ、金を払ったわけでもないし実害はない。今回は勉強をさせてもらったよ

 

てなるわけねーーだろが(´゚д゚`)

 

おい!青い優!俺の恋心を返せ!!俺はお前にマジラブだった・・・逃げるは恥?何言ってんの?

 

逃げられるのが恥なんだよ!!!

 

ちきしょう、あのクソ女め。そう、あいつはクソ女だ。クソとはつまりウンコだ。ウンコ女なんだよ。ウンコばっかりしやがって。いや、ウンコなんてかわいい名前はあんなクソ女にはもったいない。あいつは大便だ。

あの大便女め!これで俺をスカトロ野郎にしたつもりか?なめんなよ、お前の大便などなめるわけがない。お前みたいな女は便器で流してジ・エンドだ!「地球のみんなよ!オラにほんの少しずつ便器を分けてくれ」俺は両手を上げ、自由が丘駅の前で便器を集め、るわけはない。便器集めてどうすんねん。

夕方の時間帯に自由が丘で暇になった初老の小柄な男性(俺)は頭を抱えていた。

凄腕ナンパ師ならあっさりナンパして連れ出した挙句「即」などとツイートするのだろう。なんだよ即て。会って数時間でセックスなんてしてんじゃねぇよ。セックスをなんだと思ってんだ?は?サクセス?そうだよね、サクセスだよ!お前らはサクセスだよ!!

でもな、シャンプーでサクセス使ってるのはマジおっさんだからな。あのニオイはおっさんのニオイだ。だからな、サクセスはつまりマジおっさんだ。お前らはおっさんだよ。え?俺ですか?おじいさんですけど何か?

などと独り言をブツブツ言ってても始まらない。

仕方がないので現地調達することにした。

自由が丘のベンチに座り、作戦会議を始めた。

自由が丘なんてナンパする場所とは思えないし、そもそも俺の存在自体がウイルス扱いされているような気がする。では、サクッと渋谷に移動してナンパするか・・・いやいやいや、渋谷でナンパしていいのは29歳までだろ!!!

スポンサーリンク

詰んだ、これは詰んだぞ。

などとベンチでうなだれていたとき、俺に助けの手をさしのべる人が現れた。

落ち込んでいる俺をやさしく、透き通った目で見るその人。

いや、人というか

 

 

 

 

 

犬。

 

 

 

 

犬は俺をじっと見つめていた。

まるで落ち込んでいる俺を慰めようとしているかのように、犬は俺を見つめていた。

一方の俺は、犬を見て率直に思った。

「なんて、かわいいんだ・・」

圧倒的にかわいい。

なんだこのかわいさ・・・

これはもしかして運命なのかもしれない、本当にかわいいよ、この犬

 

の飼い主の女。

 

「あ・・、すみません(笑)」
「いえいえ(笑)」

その女は俺に申し訳なさそうに詫びた。

犬が俺の足に駆け寄ってきたからだ。

正直、犬は怖いのだが室内犬レベルの小さい犬は怖くない。なぜなら戦闘力はなんとなく俺の方が上のような気がするだからだ。このレベルの犬なら恐れることはないし、そもそも飼い主がマスク越しでも美人とわかるのだから、迷惑なわけがない。

俺はこのチャンスを逃さない。

「すごくかわいいですね!」
「ありがとうございます(笑)元気すぎて困ってます(笑)」
「元気すぎる?何がですか?」
「この子(犬)小さいのにすごい元気で(笑)」
「あ、かわいいですねって、お姉さんのことです」

 

キマッタ

 

我ながら、完璧だと思った。

自分で言うのもなんだが、アドリブ力はあるほうだと思う。

しかし、この時ばかりは天才すぎると思った。

まるで犬をかわいいと言っているフリをして、実は「あなたですよ」と。

このおしゃれすぎる口説き文句はもしかしたら自由が丘の街並みに感化されて生まれたのかもしれない。

犬を連れた女性は、俺の意外な言葉に少し戸惑いながらも

「え・・・そんな・・、うれしいです・・・」

とはにかみながら俺が座っているベンチの横に座るわけもなく「は?」という明らかに嫌悪感を抱いた表情で秒で俺の前から去っていった。

は?俺がナンパしたと思ってます?

いやいや、今のナンパちゃうし。

犬が寄ってきたからおしゃれに対話しただけやし。

なんなん、あいつ何勘違いしてんの?何俺の事キモいやつみたいに蔑みながら去ってるの?マジしばくで?ナンパちゃうし。

これが、記念すべきばかなべ自由が丘初の敗退記録である。

いやー、これは無理っすね。

俺が自由が丘でナンパとか、ありえんす。

諦めが肝心。

今日は大人しく家に帰ってXVIDEOを抱こうと思った、そのときだ。

ショートカットの釣り目、スレンダーでいやみのないシンプルオシャレ女が無印良品から出てきた。

落ち目の剛力を彷彿とさせるほどではないが、大好物部類だ。

うむ、やはりさっきの犬をナンパにカウントするのはやめておこう。

あれはオープン戦だ。負けは認めない。認めないっていうかかわいいですねって言っただけでナンパしたことにはならない。

この女こそ、俺の自由が丘開幕戦にピッタリの女だ。

つづく。

スポンサーリンク

このサイトをフォローする!

コメント

タイトルとURLをコピーしました