大阪梅田でナンパしたメガネの女 前編

4.ブサクエⅣ そして老害へ・・・
スポンサーリンク

当時、梅田の堂山町交差点沿いにTSUTAYAがあった。

しかし、そのTSUTAYAが約1か月後に閉店になることを張り紙で知ることになった。

TSUTAYA堂山町店は俺が学生の頃からあった店だ。そうか・・またひとつ、俺が知る大阪のお店がなくなるのか・・・としみじみすることは一切ない。だって行ったことないし、こんなとこにTSUTAYAいるか?とさえ思っていた。

TSUTAYAの閉店などどうでもいい。俺はその横にあるコンビニに行きたかっただけだ。

スポンサーリンク

出張で大阪入りしていた俺は、地元の友人と酒を飲んだ後TSUTAYAの上にあるホテルに帰ろうと東通り商店街を歩いていた。時計を見ると間もなく0時。ホテルに戻るまでの道中、華原ぽちゃ子とLINEのやりとりをしていた。

【華原ぽちゃ子とは?】
華原ぽちゃ子は現役のホテヘル嬢である。以前、客として利用したときに仲良くなり、定期タダマン化した。見た目はその名のとおり華原朋美をぽっちゃりさせたような女だ。ここでいうぽっちゃりとはかなり「やさしさ」がこもっていることは否定できない。結構なアレだが、レディに対して失礼はあってはならない。

とはいえ、そもそも華原朋美はぽっちゃりしたり痩せたりが激しく、読者には言語で伝わりにくいと思われる。よって、図解したいと思う。

こちらの図で表現するならば

 

2021と2020の間ぐらいである

   

華原ぽちゃ子のぽっちゃり度を論じる前に聞きたい。

 

2021はおっさんですか?

 

本家華原は一体どこに向かってるんだ・・・。謎は深まるばかりで華原朋美の今後はわからなインザスカイなので本題に戻ろう。

華原ぽちゃ子の実際の年齢は26歳だが、太さは2020.5程度である。

ぽちゃ子は多分痩せたら可愛い。だが、痩せたら可愛いという言葉は、つまり痩せてないのでブスというただの悪口なので、俺はぽちゃ子と会っているときは「そのままでもかわいい」と思い続けた。

顔だけ見れば確かにかわいい。手マンでも挿入でもすぐイクし、顔もかわいい。最高じゃないか、腹を除いてその他はかわいい。だったらいいじゃないか腹ぐらい。とはならないが、本音はそっと胸にしまっておこう。

ぽちゃ子が1時ぐらいに仕事が終わるらしいので、それまで部屋で酒でも飲んで待つとするか・・・などと1時間後に(デブと)セックスやる気マンマンで東通りを歩いていると、10メートルほど先に一人で歩いている女を見つけた。

肩より少し長いサラサラストレート、白のジャケットに黒のタイトスカート。小ぎれいな恰好である。ヒールをはいているが小柄で背は小さい。そして何よりも・・・

 

足が細い!!

 

ぽちゃ子とセックスする気マンマンではあるが、俺はもともとスレンダーが好きなのだ。EカップよりAカップを愛する男としては、この足はぜひとも味わいたい。

スポンサーリンク

これは今、どうすべきだ?

【コマンド】
 たたかう
 にげる
▶じゅもん
 うんこぷー

考えるまでもなく、俺はじゅもんを唱えた(パラリラリラ!!)

ばか「はいはいはい、もうありえないのわかってまーーす。わかってるんですけどね、ハイボールおごりたい病にかかってまして!!」
女「え??はい?笑」
ばか「ええ、ですか・・・・」

 

 

 

お宅、林家さんですか?

 

 

 

やってしまった。

声をかけたはいいが、林家パー子のような顔をしている・・・メガネをかけてるからギャル曽根に見えなくもないけど、明らかにパー子寄りのギャル曽根。

ばか「えーっと、ですから、、ハイボールおごりたい病にかかっていたような・・・気がしてたんですけど・・」
女「ははは!!お兄さんおもしろい笑!!いいですよ、飲みますか?笑」

こういうときに限って、まぐれは起きる。しかし、ジャケットの下の胸元が開いた白いブラウス、引き締まった足首を見た俺は、気づけば24時間営業のクソ安い居酒屋に女を連れ出していた。

30分ほど談笑したが、この女はかなりのゲラで持ち上げ上手。仕事は広告関連の営業で社長と一緒に行動しており、その日も社長と仕事で飲んだ後の帰り道だったらしい。社長とはぐれたのかはぐれさせられたのかはわからないが、林家パー子っぽいのでこの女のことははぐれ林家と呼ぶことにしよう。

【スペック情報】
はぐれ林家 レベル18 25歳 広告営業

それにしてもなんなんだこの女。胡散臭いノリの良さでプロ並みのゲラだ。接待慣れしているのか、地がそれなのかはわからないが、とにかくよく笑うし相づちも絶妙。社長が横に置いておくのも納得だ。

社長にかわいがられているからか、服装もそこそこ映える格好でスタイルもいい。ただ、壊滅的におかしいパーツがあるわけではないのに、なぜかパー子な顔。ううむ・・・どうしたものか・・・

【コマンド】
 たたかう
 にげる
 じゅもん
▶ぼっき

残念ながら俺は勃起していた。決め手はミニのタイトスカートで足を組む姿を見てなんとしてもこの股を開きたいと思ったのだ。

「もうちょい飲もうよ」
「はい♪」

安居酒屋を出て徒歩1分。

TSUTAYAのホテル横にあるコンビニにはぐれ林家を連れ込んだ。

「どれがいい?」
「うーんそうですねぇ、じゃこれ」

意思確認は終わった。コンビニで酒を買う=ホテル連れ出し確定だ。

無論、おかしと一緒にコンドームも買いレジに向かった。

つづく。

スポンサーリンク

このサイトをフォローする!

コメント

タイトルとURLをコピーしました