ナンパせずに、ナンパする3つの方法 後編

ナンパ・合コン戦略論
スポンサーリンク

この記事は、女と出会いたいけどナンパは面倒くさいという人向けの記事である。ナンパしなくてもモテてる人は読む必要はないし、部屋も服もすべて無印良品でまとめてるナチュラルに憧れるナチュラルじゃない女の押し付けのナチュラルが俺は苦手だ。

スポンサーリンク

ということで、前回の記事では3つの方法のうちのひとつ「己のための出会いではなく、笑わすをゴールにする」について書きました。今回はそれに加えて2つのポイントについて解説していこうと俺が思っているかというと、刈り上げした女が無印のノーカラーシャツを着てたらマジ苦手だなと同レベルで思ってる。

スポンサーリンク

2.相方のせいにする

私は普段、常にナンパしようなどとは思っていない。何度も言うとおり、ナンパなんてものは面倒くさいしコンビナンパでふざけるのは面白いけど、一人でやるナンパでふざけてたらただの痛いやつだとも思ってる。

そんな俺でも「あ、ここはいっといたほうがいいか?」と思う時がある。それが、「相方が好みそうな女を見つけた時」である。俺にとって「相方」とは特定の人物を示すものではなく、すべての友人が「相方」になりえる。

「あ、あの子、あいつが好きそうだな・・・」

と思ったら、声をかける。

例えば、こんな感じだ。

「僕の友達が、きっと君のような女性が大好きなんです。あいつ、不器用だけど根はいいやつなんです。あ!!ちなみに、そいつの見た目はほぼ落合ふくし君です。

このように、相方が好みそうな女を見かけたら、速攻アタックでコンパをとりつけるようにしていた。ポイントは「落合」の部分をめちゃくちゃ小さな声、いや、むしろ声に出さず心の中の声にとどめるところだ。絶対に「落合」がバレてはならない。

「え?ふくし君ってあの?」
「ええ、まぎれもなく、あのふくし君です」

俺は福士蒼汰とは一言も言ってないが、勝手に女が福士蒼汰を連想する究極のふくしシステムを活用し、俺はこれまでいくつものコンパを設定してきた(と同時に何度も怒られた)。

しかし、結局は福士ではない落合が、その女と結合する場面も数々みてきた。

要は、福士か落合かなんて大した問題ではない。

コンパがおもしろければそれでいいのだ。

え?相方なんてどうでもいい?

俺さえ良い思いをすればいいですって?

はいはい、そういう考え方ではあなたの相方も同様にあなたに貢献しなくなるでしょう。

みなが尊敬してるであろうチバ大先生もこのように、相方への愛を語られている。なんでもかんでも相方に譲ればよいという意味ではない。時に、譲ってもらうこともあるし、そういう関係バランスが大切なのだ。

相方との連携を密にするためには、お互いの「これだけは譲りたくない」という好みのタイプやポイントを共有することで、コンパでの最適な判断が可能となる。

余談だが、コンパで最適解を探るならすべての選択権を女に与えるのが手っ取り早いと考えている。

男側の好みなど二の次で、女の反応を見てもっとも最適な組み合わせを設定するだけだ。また、女軍団の中の優先順位の付け方も大切だ。キーマンとなる女(大体はボスキャラかブス)が誰に食いついているかがコンパ全体最適の要点だ。俺は何を言ってますか?

話を戻そう。

相方への貢献欲を活用することで、ナンパが面倒くさい人の行動力も強化されるのは間違いない。

相方が喜ぶ姿を想像してみてください。

相方が、自分が調達した女とセックスして喜ぶ姿を想像するのです。

 

 

気持ち悪いだけですね

 

 

3.ナンパは人助けである

友人が好みの女を見つけたら、友人のためにナンパする。そして、あくまでも己の出会いではなく、女を笑わせるためにナンパする。これだけでも十分な美談であり大義名分がある。

だが、もうひとつ大事なことを忘れてはならない。

そもそも、ナンパという言葉が変なブランディングによって極端に解釈された言葉になりつつあるが、単純に女の子としゃべって仲良くなるだけの話だ。つまり、ただの会話だ。

そのあとセックスすることになるかは別問題。

スポンサーリンク

それにしても人助けというのは言い過ぎでは?と思うのかもしれない。

だが、実際は結構な人助けだ。

「すみません、僕の友達が飼ってる犬が先週死にまして。友達が落ち込んでいるのですが。。。そういえば、あの犬にどこか面影が似てるなと思いまして・・・」

犬が死んだというのは想像の話だし、女に犬に似てるというのはいささか失礼じゃ?という意見も無視するつもりはない。いや、無視でいい。犬が死んだナンパは残念ながらいくつもの結果を出してきた。ただ、最近は空前のネコブームなので犬からネコに言い換えることをお勧めしたい。

これで出会った男女が良い出会いになれば何が起きるか。男、女に良い出会いの場を提供しているし、そのあとセックスした男女はともに気持ちよかったという。さらに、さらにだ。自らの死によって落ち込んでいた飼い主が元気を取り戻すことで

 

 

死んだ犬が成仏できるのだ

 

 

ハチ、天国でも元気でな・・・

まぁ、ハチはフィクションではあるかもしれないが、映画もドラマもハチと同じ。みんな大好き煉獄さんだって、東大に入れてくれるドラゴンだって、ハチと同様フィクションだ。良心によって作られた架空の感動ドラマを誰も否定することはできない。

またはこうも考えれる。

人間は生きていくためには水分が必要だ。

俺がナンパしたことによって、女が酒を飲んだとしよう。

そう、賢明な読者ならおわかりいただけるだろう。

 

 

ナンパは水分補給である

 

 

アルコールは代謝を早めるから水分補給にはならないとの意見もわからなくはないが、無視だ。ゴクゴク酒を飲んでるんだから。おなかぽちゃぽちゃやろ。

さらに、女が焼き鳥(塩)を食べたのであれば、栄養補給だし塩分補給だ。ナンパは一体どれほど女に補給するのだろうか。

いうまでもなく、その後ラブホインしたとして、俺の人差し指と中指は女に完璧な貢献をする。

決して俺が手マン上手ということではない。上手かどうかよりもまず「痛がらせない」とい点が重要だ。つまり、俺の手マンは愛だ、愛。痛がらせない、傷つけない。慎重に快感ポイントを探り、ただ快感ポイントを職人のように刺激しつづけるだけ。

そして、感じれば感じるほどに、女はさっき飲んだ酒と同量の水分を股間から噴出させる。

男にはわからないが、それは「気持ちいい」ことらしい。漏らすことで水分補給はプラマイゼロになったが、見返りに気持ち良くなったのであれば結局はプラ転。

そう考えると、ナンパは完全な人助けでしかない。

だ・か・ら・こ・そ

ナンパする側の人間にお願いしたいのは、ナンパをきっかけに悪いことをするのはやめてほしいということだ。

具体的に言えば強姦もダメだし金品を奪い取るのもダメだ。

35人から金を巻き上げようとするなど論外だ。

35人から金をとるのではなく

350人に手マンせよ。

俺は何を言ってますか?

スポンサーリンク

このサイトをフォローする!

コメント

タイトルとURLをコピーしました