素直になれない女を快感にいざなう、魔法のトーク術。

ナンパ・合コン戦略論
スポンサーリンク

あまりに保身に走るあまりに、相手に対して攻撃的になり、素直さをなくしていく人というのは一定数いるよね。

お互い協力して生み出す利益を望むのではなく、相手を疑い、自分は絶対損しないという理念を追求することで、結果的に自分の利益を損ねる。

はっきりいってもったいない。

スポンサーリンク

人に傷つけられたり、裏切られることを避け続けると、傷つけられたり、裏切られる経験が得られなくなる。そのようなタイプの人は、ちょっと傷つけられるだけで激しく傷つく。他人からは「それぐらい大丈夫だろ」と思われるようなことでも、本人にとっては大きな傷。

傷つけられる側の立場にたって、だから守ろうという論調はわからなくはない。だが、守られてばかりだと強くなれないという事実から目をそむけていいのだろうか?

傷つき、傷つけられた経験が多い人は、強くなるし常に正常心を保てるようになる。

たくさん傷つき、たくさんプレッシャーを受け、それを乗り越えたり、または乗り越えられなかった無念を経験することが、人を強くする。ウイルスでいえば免疫だ。

今、君は何かを怖がっているのかもしれない。

それは、もしかしたら自分が経験したことがないことだから、恐怖を感じているのかもしれないね。

それは正常の反応だ。

人間は、誰もが自分が経験していないことに恐怖感を持つ。

だが、その恐怖の正体は、それそのものが恐ろしいのではなく、単純に自分が知らないということであることが多い。

わかりやすい事例で言えばコロナだ。

コロナの存在が顕在化した2020年3月、誰もが経済に壊滅的な影響があると考えた。コロナという何者かわからないウイルスに人類は脅かされると考えた。

そして、多くの人が株を売った。

当然、株価は下落する。

だが、その後どうなったか?

2020年10月に反転、現在はコロナ前よりも日経平均は高い。

何が起きるかわからないから現金化するという恐怖に支配された人間は、結果として損しただけだ。

このコロナショックは、自分が経験したことのない恐怖に人間は支配されるということを学ばせてくれた。

恐怖で売った人間は損をし、恐怖で買った人間は得をした。

恐怖に支配されるか、恐怖に立ち向かえるか、ただそれだけだ。

さて、もう一度考えてみよう。

君はこれを見たのは初めてだという。

初めてのものに対して、誰だって恐怖感を抱くだろう。

だが、世界的に見れば、これは君の人生に多くの利益をもたらすものだ。

既に諸外国では、個人が当たり前のように持つ文化になっている。

君は今、いったい何に恐怖感をもっているのだろう?

そう、それは知らないからだよね。

どう見ても、得体の知れない生き物でもないし、どこかの製造メーカーが製作したものだというのもわかると思う。

くわえて、かなり丸みのある形であり、人に危害を加えるとは思えない。

しかし、君は今恐怖を感じている。

簡単なことだ。

その恐怖を払拭する方法は、経験することだ。

一度経験をしてみれば、冷静に判断することができる。

自分にとって利益か、不利益かを。

スポンサーリンク

私の見立てでは、99%の確率で君の利益になるだろう。

仮に不利益を被りそうな場合は、俺に任せてほしい。

すぐさま、利用をとりやめる。

君を傷つけることは、私が絶対に許さない。

まずは経験だ。

君のことは私が守る。

じゃ、とりあえず

 

 

 

使ってみようか

 

 

 

 

 

大体この類のトークで、電マデビュー、バイブデビュー、ウーマナイザーデビュー、ハメ撮り、オナニー鑑賞はクリアできます。

このサイトをフォローする!

コメント

タイトルとURLをコピーしました