ネットで出会った40歳主婦と合コンした結果 Season3

3.ブサクエⅢ そして伝説へ・・・

今までの出来事を時系列でまとめてみよう。詳しくは前回の記事をご参照いただきたい。

【あらすじ】
ネトナンでアポではなく合コンがやりたかった。合コンOKの女を探し、40歳主婦L子に到達。ママ友を呼んでもらい合コン決定。池袋17:30スタートで調整。合コンに向かう。

17:20 旅行者20代女子が目に入る
17:21 旅行者女子をナンパする
17:22 40歳主婦コンパより旅行者女子に圧倒的魅力を感じる
17:23 40歳主婦コンパ廃棄処分を決意
17:24 やはり読者を裏切るべきではない気がしてくる
17:25 旅行者女子を放流、40歳主婦コンパへ向かう
17:30 L子(40歳・主婦・170㎝・75㎏)と合流=死亡
17:32 後悔先に立たずという言葉をよく理解する
17:35 L子・M子vsばかなべ・海くんコンパスタート
17:45 ワインがぶ飲みで酔っぱらう
18:00 トイレ前の席に女を発見
18:03 親戚ナンパを思いつく
18:08 トイレ前であつこをナンパ
18:09 「ああ、あれ親戚です」作戦成功
18:12 あつこのLINE獲得
18:15 席に戻る
18:18 「ああ、あれ従妹です」作戦成功
18:28 店を出る ←今ココ

こうしてみると出会いと別れが交錯したドラマティックな1時間だった。ただ、結局のところ俺たちの横にいるのはL子とM子だ。まったく何がしたいのかよくわからん。

スポンサーリンク

【登場人物のおさらい】
・L子 レベル7 40歳 推定身長170㎝ 推定体重75㎏ 派手系デブ
・M子 レベル14 42歳 推定身長158㎝ 推定体重45kg 42歳の決定版

「ばかなべくん、次どこ行くの?」
「L子さん、あなたはもしかしてミッキーマウスが好きですか?」
「えー、私超ミッキー好きだよ♡」
「M子さん、ドナルドダックはいかがですか?」
「いいと思う(笑)」
「ですよね、ディズニーランド池袋店に行きましょう」
「え?そんなのあるの?」

 

 

あるわけねぇです┐(´д`)┌

 

 

いや、あのーそんなもんあるわけないのわかっててついてきてますよね?ここ、ビジネスホテルっす。どう見てもディズニーランドと無関係っす。とツッコミたくなるのも無理はない。こんな会話をしながらも、チェックイン処理をする海くんをホテルのロビーで待ってるわけですから。茶番オブ茶番である。

部屋へ向かうエレベーターの中に入ったときでさえ

海「へぇ、この前ディズニー行ったんですかぁ」
L「そうなの、子供も結構好きでさぁ」

などと、まだ茶番を続けている・・・

みなさん!これがエロ主婦の実態ですよ( ゚Д゚)

4人で部屋に入るやいなや、俺はM子をソファに呼び寄せベロちゅーを敢行。

M子はノーグダ受け容れ。さすがはいまだに旦那と週2、彼氏と週1でセックスしまくってるだけあり、ベロキス技術がけっこう高い。

一方、L子のほうはというと海くんとベッドでいちゃついているが海くんがおっぱいを揉もうとすると「え?ちょっちょっちょ」「ちょっと待って・・」などと、一応「そんなつもりじゃないから」感を演じてる。相変わらずの茶番。

そんなL子を丁寧になだめながらいちゃついてる海くん・・・、ええ仕事してるわ(´艸`)

こういう時って普段偉そうな女のほうが照れ気味で、地味そうな女ほど堂々としてるってのは結構なあるあるだ。

M子は照れる素振りもなく冷静な表情で手マンを受け容れる。

そしてこのとき、はじめてM子のエロさを理解できた。

M子は、もっともこの中で年上でありMキャラでもないようで、顔は冷静を装っているのだが

 

マンコは濡れ濡れーーー( ゚Д゚)

 

無表情で俺を見つめているが、下半身が濡れ濡れ。なんちゅうギャップ(*´Д`)

これはなかなかエロい。

クリトリスを刺激すると少し体を震わせるが、表情が歪むほどではない。

まだ乱れる姿を見せない場面ではないのか?それとも年上女性のプライドだろうか?

しかし焦る必要はない。

冷静な相手にはこちらもクレバーに対応だ。

クリトリスを満遍なく刺激した後、指入れフェーズへと徐々に移行する。

潤沢な汁によってにゅるりと人差し指と中指が中に入った。

M子は一瞬、目を閉じ苦悶の表情を見せた。

なるほど中派かもしれない。

俺はゆっくりと指を内側に動かす。

「んあ・・」

 

 

今、声出たの聞いたもんねーーー(´゚д゚`)

 

 

鉄仮面キャラのM子ではあったが鉄の壁は、少しずつ崩れ始めているようだ。

普段見せない表情をM子が見せるときは近づいている。

しかし、まだ焦りは禁物。

ゆっくり、少しずつ熱を上げていこう。

あくまでもゆっくり。

指を曲げたり、奥を探ったり、Gスポットを探ったり・・・

その時の身体の反応や微妙に見せる表情の変化が、M子が求めてるポイントを教えてくれる。

恐らくGスポッターだ。←そんな言葉はない

強弱をつけながらゆっくりとGスポット方面を刺激する。

「ん・・んん・・・ああ!」

うむ、今度は確実に喘ぎ声と判定できる反応を得ることができた。

一方、L子は俺とM子をチラチラ見ながらもまだ照れてるキャラを演じていた。やさ男の海くんはやや手こずっているようだ。

スポンサーリンク

俺は考えた。

まぁ、L子とM子どっちがいいかと言われればM子一択だけど。

この企画、そもそも俺がはじめたんだよな・・・

てことはL子は俺の獲物(というか担当すべきだよな)ってことか・・・

 

 

「はい!交替!」

 

 

(゜-゜)(゜-゜)←L子とM子

L子もM子も何言ってんの?という表情だ。

突然の交替宣言に「え!ちょっと!」「だ・・だめだよ!そんな・・」などとL子はお得意の茶番。

M子は笑いながら海くんを受け容れている。

「L子さん、参勤交代って知らないんですか?」
「参勤交代?聞いたことあるけど・・・どういうこと?」
「そんなん僕も知りませんよ!」

と意味不明のやりとりをしながら、俺はL子の乳首を攻めた。

 

 

「あああああーーーん!!」

いや、乳首に指が当たっただけでどんだけ反応すんねん(;゚Д゚)

 

 

すげえ反応だ。

そういえばL子は自らを「ドM」と言っていた。強めに襲われるほうが好きということか。

こういう女には辱めを与えるのが一番喜ぶ。

俺は強めの動作でL子の服をはぎ取り、ブラジャーも外した。

超ダイナマイトハニーだがまぁ想定内。

コリコリに固くなった大き目の黒い乳首は、まさにL子にピッタリだ。

「ああん・・ばかなべさん恥ずか・・」

 

岩瀬ねぇよ(´゚д゚`)

 

間違えた言わせねぇよだ。「私は乙女なので一人だけ裸になるなんて恥ずかしい」と思われたい一心なのであろうが、そんな発言は認めない。お前には恥ずかしがる権利さえないのだ!!←クズ

「はい、寝転んで」
「え?は・・はい」
「はい、よいしょーーーー!」

L子の最後の砦、パンティ、いや、パンツ、いや、ふんどしをはぎ取った。

L子の股間はおびただしいジャングル地帯。

「はい、開いてーー」
「え、あん恥ずか・・・」
「はい、濡れてるーーー!」

まだ触ってもいないマンコからは汁が垂れていた。

「やだ!M子ちゃんの前でこんな・・・恥ずかしい・・・」

うむ、恥ずかしいというL子の気持ちはわからなくはない。1時間20分前に会ったばかりの自分より低身長の俺にふんどしをはぎ取られ、挙句の果てにM字開脚させられ股間がびしょびしょであることを指摘されているのだ。

40歳といえば立派な大人だし、子供もいる。え?子供もいる?こんなエロママで子供に適切な指導ができるのだろうか?

このあたりになると俺もガマンの限界を迎えていた。

え?

何をガマンしてるのかですって?

いやいや、あの言葉しかない。

このシチュエーションにドハマりのあの言葉。

 

 

 

オリンピッグだ。

 

 

 

間違えた。

「このメス豚め!!」である。

何度も言いそうになった。

だが、言えなかった。

「このメス豚め」は辱めをこめて、女を盛り上げるための言葉だ。

だが、L子に「このメス豚め」を言うと、それは単なる事実の指摘である。

しかし、L子はドMなので辱めを与えてほしい気持ちもわかる。

LとかMとかもうよくわからなくなってきたが、どちらにしてもまだ触ってないドMのL子の下半身は完全に仕上がっている。

恥ずかしいと言いながらも、完全に待ち姿勢のL子はおすわりをする犬のようだった。ブタじゃないよ、犬だよ犬。

よし、いい子だ。

まずはL子に全集中・・・

 

 

どりゃーーーーーーー( ゚Д゚)

 

 

M子のときとは打って変わって、あえて雑めに中指と人差し指をL子のマンコにツッコむ。

「ああああああああああーーーーーー!!!!!」

雄たけびのような喘ぎ声が部屋中に響き渡った。

L子、まずはお前を倒す!!!!

全集中( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

ザッパーーーーーーーーン!!!!

 

 

 

 

ええーーーー(;゚д゚)

指挿入5秒、指ピストン5回で大量潮吹き(;゚Д゚)

俺の右手はゴッドハンド?(いいえただのテマンです)

その後、何度か手マンを繰り返したが、L子はおもしろいように何度も潮を吹き、果てまくった。さっきまで恥ずかしいとか言ってたのはどこいった?痩せて潮吹きAV女優にでもなれば1億ぐらい稼げるんじゃないだろうか。

この大量潮吹きショーは本当にすごかった。潮吹きAV女優にでもなれば少しは稼げるんじゃないかと思うほどに。L子の潮吹きショーの間はM子と海くんは観客と化していた。

さぁ、残るはM子とのたたかいだ。

つづく。

スポンサーリンク

このサイトをフォローする!

コメント

タイトルとURLをコピーしました