論語 ~三十にして立つ 四十にして惑わず~

8.どうでもいい話
スポンサーリンク

三十にして立つ。

四十にして惑わず。

みなさまご存知かと思いますが『論語』の中にある有名な孔子の言葉の一部です。

なるほど・・・

スポンサーリンク

30代までに自らの志を決めて、学び、努力して、挑戦して、さまざまな経験を積み重ねて自立し

40歳になる時には、自分のすすむべき道を自信を持って進んでゆく・・・

ああ、孔子のありがたい考えだ・・・

とか思ったア・ナ・タ

 

何を言ってるんですか?

 

こんなうんこブログをご覧になってる時点で社会のゴミ側ですよ?

いやね、なぜかこのブログ読んでるやつらはそこそこ仕事やってますわ的なやつ多いんですけど、しょせんそこそこですから!むしろ、昼間は仕事やってます的な顔しててこのうんこブログ読んでるとかもはやゴミ人間。

そ・れ・な・の・に

なにをええ人側になろうと思ってるんですか?いいかげんにしてください。

一応ね、もう少し詳しく触れますとね、

子曰く、
吾れ十有五にして学に志ざす。
三十にして立つ。
四十にして惑わず。
五十にして天命を知る。
六十にして耳従う。
七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず。

ややこしい言葉使ってますけど、わかりやすく訳すると

わたしは十五歳で学問に志し、
三十になって独立した立場を持ち、
四十になってあれこれと迷わず、
五十になって天命(人間の力を超えた運命)をわきまえ、
六十になって人の言葉がすなおに聞かれ、
七十になると思うままにふるまっても道をはずれないようになった。

はいはいはい┐(´д`)┌

なるほどさすがですよ┐(´д`)┌

確かに立派なお言葉です。

ただね

孔子さん

あなた紀元前551年生まれですよ?

今から2,500年以上前ですよね?

 

いつのおっさんやねん(゚д゚)

 

コーシだか、稲葉コーシだか、シコシコだかしりませんけど、お前はウルトラソウルかっちゅうねん( ゚Д゚)

もうね私から言わせてもらえば過去の人ですよ、過去の人。ギター侍とほぼ同様ですわ!(え?ギター侍知らない?あー、そーすか)

て・い・う・か

シーコの言葉をありがたがるとかね、どこの知識人気取りですか?

もうねいいんです。

だって仮にシーコが重度のワキガだったとしたら?

あなたたちはそこまで尊敬し崇めれるのですか?

とくにね女性に聞きますけど、仮にシーコが重度のワキガで、マスクしてても防ぎようのない異臭を放つシーコさんって素敵とか言えます???

きっと「くっせ!ふざけんなよオヤジ!」ってなるんじゃないですか?

てかね

「40にして惑わず。」

え?

自慢ですか?

いやね、40になっても50になっても惑ったっていいじゃないですか。

それが人間らしさってもんですよ。

40以降は一切惑うことがない、そんな人生きっとおもしろくないですね。

そんなんいらんいらん。

スポンサーリンク

てかね、シーコちゃん、

思うにね

たぶんあなたクサかったんじゃないですかね?

だって、現代のようにボディソープも発展してないし、8×4もない。なんなら掛け算普及してないから8×4とか言われてもワケわかめでしょ。

よって、シーコも、特に夏場はクサかったと思うんですよね。

満員電車にノンケアの男が近くに乗ってきたら、頭から8×4の中身かけたろか思いますけどね。

それぐらいにシーコもくさかったと思うんですよ。

てかね、シーコはアジア人ですよね?

私が信頼する書籍(一般的にはコンビニ雑誌という)にある貴重なデーターがありました。

アジア人男性の8割は包茎だという事実

欧米とちがって、珍子の育ちが悪いのでしょうね。

てか、

シーコさん

あなた真性包茎だったのでは?

紀元前のアジア人ですから、もうほぼ包茎でしょう。

さらに包茎に対応した医療が発展してませんから。

完全に真性包茎だと思うんですよね。

それにもかかわらず

孔子

「四十にして惑わず」

よう言えたな、シーコちゃんよぉ( ゚Д゚)

クサくて真性包茎、絶対モテへんやん。

真性包茎だとシコシコもできなかったでしょうね。

それでも

孔子

「四十にして惑わず」

惑わんな~(*´Д`)

でもね、私たちは私たち自身の時代を生きるのです。

シーコの言葉も為にはなりますが、大切なのは自らの人生を語ることですよ。

自らの人生を語り、想い、そして未来を描く。

それが大切やと思うんですよ。

たとえば私が言葉を残すならですね

子曰く、
吾れ十有三にして女に志す。
十有四にして唇を重ねる。
十有五にして身内と唇を重ねる。
十有六にして女に挿され。
十有七にしてナンパに志す。
十有八にして須磨に立つ。
十有九にして自慰に志す。
二十にして不美人に立つ。
二有一にしてガチャガチャに立つ。
二有二にして出会い系に立つ。
二有三にして多発事故。
二有五にして自慰に立つ。
三十にして本気で起つ。
四十にして心の欲する所に従って、起つ。
五十にして心の欲する所に従って、起つ。
六十にして少し反省す。
七十にして記録を見て、死す。

まぁ、簡単に訳すると

私は13歳で女に興味を持ち始め
14歳で両親不在のなか彼女を家に泊まらせるもキス止まり。翌朝、彼女とこたつで寝てたら両親が帰ってきて、オカンには怒られ、オトンには「男はそれぐらいでええんや」と褒められ
15歳の夏休みに親戚の女とおばあちゃんの家に泊まってるとき、親戚の女とキスをされ(ついでにそいつの乳をもんだのが初おっぱい)
16歳で先輩の彼女さんと初体験、しかも騎乗位で瞬殺され
17歳の夏休みに原チャリでネギシ君と淡路島で初のナンパを経験し
18歳で須磨海岸を皮切りに本格的にナンパに参入し
19歳でオナニーという存在を初めて知ってチャレンジするも断念し
20歳で初めてブサイクだと思う女を抱いたら思いのほかウケて、ブサイク抱いたらウケる=人気者になれるという幻想にかられ(後にこの経験がブサイククエストにつながる)
21歳でK村が見つけてきた女の個人情報を得られるガチャガチャにハマり
22歳でKK先生から出会い系活用術を学び
23歳でKKから地方の主婦はチョロいといわれ便乗しようとしたらDB・BBAに多数出会い、そのうちの武庫川女子に通うDBJDにバイブをあげたら使い過ぎでバイブを壊したから新しいの買ってと言われ
25歳で仕事のしすぎで女関係を忘れていたころ、悪友に借りたAVを見ながらはじめてオナニーで昇天。なぜいままでしてこなかったと猛省し
30歳でいよいよクズと化し、ナンパ・出会い系などを通じてかわいいのからブサイクまで幅広い女を抱き始めたほか、ブサイククエストとかわけわからんブログをやりはじめ
40歳になってもやってる内容が進化せず、思うままに珍子を起たせるでしょう
50歳になってもやっぱり何も進化せず、思うままに珍子を起たせるでしょう
60歳ぐらいでようやく「俺こんなことしてて大丈夫か?」と不安を感じるも、結局のところエロいことしたくて、この時代になると60代の出会い系やら当たり前でなんなら死に活バーとか不謹慎なやつ出てきそう
70歳で今までの不健康がたたり、このブログみながら「なんて無駄なことやってたんだ・・・」と人生の後悔しながら死ぬ・・・

カスやな~(*´Д`)

さて、ええ時間になってきたし、ハメ撮り動画でシコろ←やっぱりカス

スポンサーリンク

このサイトをフォローする!

コメント

  1. 古畑 より:

    四十五にして珍子立ち難く。

    の一文が抜けている可能性があります。ご査収ください。

タイトルとURLをコピーしました