RPG「ブサイククエスト」の役割とは何か 前編

8.どうでもいい話
スポンサーリンク

「志村!!うしろ!!うしろ!!」

もうこの言葉を言う子供は今後現れることはないだろう。いや、「シムラウシロ」の意味さえわからない時代がくるはずだ。

「シムラウシロ」とは、昨年惜しまれつつ亡くなった志村けんの後ろに何かがあることを志村けんに気づかせるため、子供たちが志村けんに大声で叫ぶ行為だ。

「シムラウシロ」が発動する時は、概ね志村にとってマイナスインパクトを与える何かが潜んでいるケースが多い。子供たちはそんな志村を守ろうと声を大にして叫んでいた。

スポンサーリンク

8時だョ!全員集合が放映されていた昭和の時代は、他人の危険を守ろうとする子供たちがたくさんいたのだ。他人のおじさんの後ろに潜む危険から守ろうと必死に叫ぶ。なんて優しい子供たちだろう。なんて優しい国民性だろう。

だが今の世の中はどうだ?

アメリカ大統領選挙をめぐる混乱は、トランプ大統領のツイートをきっかっけに「大統領選だョ!全員集合」と勘違いしたのか、支持者が議会に乱入し死傷者も出るという異例の事態。いやいや、全然笑えないんですけど。

アメリカのツイッター社は8日、トランプ大統領のアカウントを永久に停止したと発表。マジでコントを超えた、いや全然おもんないえげつないことが起きているのに、日本はコロナと鬼滅に夢中だけど日経は爆上げ。俺の保有は平行線ってどういうこと?

とまぁ、今の世の中を憂うつもりはない。

この状況でどうするかだけだ。

私が出来ることといえば、ブサイククエストの普及を通じてブスチビ男子のモテレベルを底上げし、少子高齢化問題を解決することで日本の生産能力を上げることだと思っている。

つまり、このブログはもはや社会貢献のフェーズに至ったのだ。

まぁ考えてもらいたい。

1990年頃は「3高」という言葉があった。

「高学歴」、「高収入」、「高身長」の男性のことだ。

 

 

 

絶対に全部当てはまらない男の気持ちわかります?

 

 

 

まぁ学歴と収入は努力次第で変わるとして、身長だけは絶対に変わりませんからねマジで。

この言葉を流行らせたメディアにはマジで責任とってほしい。なぁチビ諸君、俺たちがモテなかった理由はメディアの煽りなので集団訴訟起こさない?マジでさ、ふざけんなよ。チビをなんだと思ってんだコラ!!などとは思わない。

「チビ=害」という時代をナンパによってなんとか乗り越えたからこそ、そう思えるのだ。

もちろん、ナンパを正当化するつもりは毛頭ない。ナンパがウェルカムな女性は少なからずいるものの、完全迷惑な場合がほとんどなので、迷惑かどうかすばやく察知し、コミカルに即退散できるようにしておく必要はある。

ナンパは迷惑問題は根深い。そこで俺たちは考えた。

そもそもザ・ナンパという手段を取らなければ結果論として「あれ?これ結果的にナンパだったの?」とすればいいのだと。

そうすれば「これナンパですか?」と言われても「いやクイズ大会ですけど?」と返せるし、そんな怪訝そうな女もクイズきっかけでめでたしめでたしとなったことが何度もあった。

所詮、ナンパの世界でもイケメンが強いのだ。そんな不毛な戦いよりも、ジャイアントキリング狙ってボケるほうが面白いに決まっている。

さて、今は3高というバカげた考え方は薄れ、チビにも人権が認められつつある時代にはなった。

チビ復権となったのであれば、もう俺の役割は終わったようなも

「あいつ顔は普通だけど背高いんだから悪くはないよね」

 

( ゚Д゚)ハァ?

 

お前今なんつった?

背高いんだから悪くはない?

てことは背低いのは悪いってことか?

なんだこの低身長をバカにした発言は、ふざけてんのか?

俺はその声の主は一体誰かを突き止めるべく振り返った(サイゼリヤで)。

 

ガッチガチの地味系女子高生だった

 

たまに見かける小太り地味系女子高生3人組。

TikTokを配信する側ではなく完全に視聴する側。

「君たち、かわいいね」と言ったら嘘になる側。

こんな子たちにさえチビはマウント取られるのかよぉぉぉおお(泣)。

頭からオリーブオイルかけたろかと思ったが、大人の理解で舌打ちだけしておいた。

だが、高身長こそ正義の価値観を持つ女性に対して不満を持っても仕方がない。

ジャイアントキリングを狙え。

チビという困難を笑いで誤魔化し「本当はチビ男はイヤだけど、あんただから『一旦』受け容れちゃったよ、マジミスった」ということは往々にしてありえる。このミスをいかに実現するか。チビ男子はチビにダメ出しされても簡単にあきらめず、まずミスの実現に取り組むしかない。ていうかミスだったの?(切ない)

スポンサーリンク

さて、ここで本題に移ろう。

やはりいまだにチビはモテに対して不利なようだ。俺はチビの端くれとして、やっぱりチビを応援したい。そういう思いでブログを書いてきたがブログだけではどうしても読んで終わりになってしまう。

どんなことにせよ、「情報」をもとに「行動」し、「経験」を積むことでスキルは研ぎ澄まされていく。

例えば、セルフブランディングできない人(そもそもブランディングを意識していない人)はものすごく損をしている。見た目、服装、言動。すべてのタッチポイントがその人というブランドを形作る。

少なくとも女性のほうが男よりも見た目に気遣う努力量、意識量は高い。だから美しいキャラ、かわいいキャラ、ゆるふわキャラなどが存在するのだ。

ザコキャラの男は一生ザコ扱いされる。大した実力ないけどキャラで部長やってる人もいる。金持ちなのにモテない人もいる。ブランディングをわかってないアホだ。

だからブランディングの本を一冊読み、行動し、経験する。これを繰り返せばブランディングスキルは上がっていく。

だが、ナンパブログというのは読んで終わりのパターンが多い。行動と経験が得られない。

(゚Д゚)

俺は気づいてしまった。

 

 

 

RPGなら行動と経験ができるやん|д゚)

 

 

 

実話に基づくナンパRPGを作れば、ユーザーは私の実体験を疑似体験することで簡単に私が行ってきた経験を体験し、自らの経験値にすることができる(゚Д゚)

この判断、この声かけ、この企画、このふざけ、それらの結果が「こうなる」。

本、新聞、テレビ、映画、Twitter、youtube、Instagram。

どれも発信者の発信を受け取る、つまり受け身だ。

だがRPGは、自ら判断した結果を得られる。

受け身ではなく、能動的行動だ。

そして、ゲームだから楽しみながらしくじっても無害でやり直すこともできる。

俺はそのような意義を持ってブサクエのゲーム化に取り組み始めた。

このサイトをフォローする!

コメント

タイトルとURLをコピーしました