悟りを開くNTTグループの女 第3話

4.ブサクエⅣ そして老害へ・・・
スポンサーリンク

「女の子紹介してほしいって先輩がいてさ、飲み会できる?」

私の依頼にサトミは二つ返事で了承してくれた。

KK先輩を呼んでコンパしようと考えたのだ。

NTTグループで働く女、サトミ。美人でエロい女、サトミ。手マンで3回、オナニーで1回、さらに手マンで2回、果てるサトミ。だが、俺のちんちんでは果てないサトミ。は?

スポンサーリンク

とにかくサトミはイイ女だ。俺のちんちんでイってくれたらもっとイイ女だったのだが、俺のちんちんではイカないイイ女だ。

赤あげて、白あげて、赤あげないで、白あげて♪

手マンでイって、手マンでイって、オナニでイって、チンコイカない♪

旗あげゲームでもきっと一切ブレないのだろう、サトミ。

完璧としか表現しようがない魅力の塊のような女、サトミ。

彼女をモビルスーツに例えるなら

百式である

モビルスーツにはガンダムとか、リックディアスとかハンブラビなどの名前がある中で「百式」というちょっとよくわからない漢字の名前。

戦争なので目立たないほうがいいのに明らかに一番目立つゴールドの機体。頭が悪いのか?とは思うが、見た目は超かっこいい。クワトロ・バジーナの偽名でエゥーゴに参加している元ジオン公国軍大佐シャア・アズナブルが搭乗している。

見た目は美しいボケだが中身(操縦者)は最強。もうサトミは百式でしかない。いや、百式にしか見えない。それほどサトミは私にとって輝く存在だった(ちなみに私たちはガチでサトミを百式と呼んでいた)。

余談だが、ガンダム世代の男はとかく女をモビルスーツにたとえがちだ。

ほとんどの男はZガンダム、百式、ゲルググなどのカッコイイモビルスーツを好む。美人だけを好む男は、カッコイイプラモしか買わない。もちろん私もZガンダム、百式、ゲルググが好きだ。

だが、私はカッコイイモビルスーツだけでなく、さまざまなモビルスーツの良さも評価したいタイプだ。

たとえば、私が見た目的に一番好きな女(モビルスーツ)は

キュベレイだ

そもそもどことなくパク・ソダムを思わせる意地悪そうな顔をしたパイロットのおかっぱ女も好みだが、キュベレイの独特なフォルムや色使いが美しい。どこか危険な香りがして、不安定な要素も感じられる。Hな子ではなく、下品なドスケベ、そうであってほしい。

そう、私だってカッコイイモビルスーツが好きなのだ。

だが、私が本当に一番好きなのはキュベレイではないかもしれない。

本当に一番好きなモビルスーツは?

と聞かれると

量産型ザクだ

実は、我が家にはマスターグレードの量産型ザクが4体存在する。

量産型ザクの基本的な考え方は物量作戦。

いっぱいいて初めて評価されるのが量産型ザクだ。

この絵を見る限り、量産型ザクはシャアザクを目立たせるための模様にしか見えない。

こういえば主役はシャアザクと思うかもしれないが、私はシャアザクの周りに存在するAVのオムニバス女優のような存在、すなわち量産型ザク(雑魚)のほうが興味がある。

ザ・一般人、ザ・普通、ザ・わき役。

そんな量産型ザクのようなAV女優がメイン女優の合間にたまに画面に現れ、思いのほかエロい表情を見せる。

オムニバスAVの見どころは、そこにあると思うのだ。

メイン女優のようにバリバリメイクを決める必要もないし、派手な顔立ちである必要もない。不自然にデカい巨乳である必要もないし、超ロリコンキャラである必要もない。それらのメイン女優を目立たせる、背景のような女にこそ私は興味がある。

ただの量産型ザク、いや、量産型ザコだと思ったらどちゃくそエロいやないか!!そこに驚きと感動があるのだ。

スポンサーリンク

ちなみにグフはいやなの。

なんか性格悪そうだし、派手めにしてプライド高いバカにしかみえない。

武器がムチという点もセンスを感じない。グフ考えた人は間違いなくSM経験者だと思う。

グフの能力は大してザクと変わらないと思う。だが、ヘンに調子乗ってるような気がする。

それに比べて量産型ザクの控えめでおくゆかしいしぐさは愛されるべきだ。

量産型であるがゆえの、どこにでもいそうなOL感。

大切なのは量産型ザクが持つ素朴さだ。

だが、残念ながら落ち目のザクもいる。

迷いがあるのだろう。

ザク(雑魚)のくせに無理に煌びやかに装飾して、本当の自分よりも大きく見せようとするザクは右肩にキャノン砲をつけたり、機体をピンクに塗ったりする。

量産型ザクが持つ魅力、すなわちおくゆかしさや透明感がない。ただの子汚いザクであり、劇中で流れ弾で死ぬ運命である。

原点に戻ろう。

ザクは量産型ザクのままであるからこそかわいいのだ。

無理してピンクの服を着て、または強がってアーミー調の服を着て。

邪魔でしかないキャノン砲(貧乏人なのに高級ブランドバッグをリボ払いで買ってしまうようなもの)にお金を使って。

クラブでナンパされて「私はザクではない、ギャンだ」と超絶勘違いしてるザクに興味はない。

そして、私の愛すべき量産型はほかにもある。

水陸両用のズゴック。この機体も大好きだ。

顔と胴体が一体化しているズゴック、人間にたとえるなら二重顎の女だろうか。そう考えるとややザクより美的レベルは落ちるが、やはり独特の魅力がある。

ズゴックよりもさらに好きなのがゴッグだ。ジオン軍水陸両用「重」モビルスーツというだけあって、ぽっちゃり体型なのは否めない。

ウエストもズゴックと比べると随分と太い・・・

スリム体型推進委員会員であり、AカップはリポビタンDよりもエラいんだ委員会の副会長でもある私にとって、本来ゴッグは望むべきモビルスーツではない。

だが、ゴッグをよく見てほしい。

どこを見るのか、

それはゴッグの股間だ。

 

 

 

 

 

マンコ・アナル両用である

 

 

 

 

 

しかも、マンコもアナルもなかなかデカいちんちんだって挿入できそうなデカ穴だ。もうね、ガッバガバ。色も茶色。恥ずかしくて照れちゃう・・ではなくてね、もうガッバガバのドエロクソババアである(誉め言葉)。

スポンサーリンク

私はゴッグのような女に数々出会い、そのたんびに驚かされ、感動もした。ご近所さんを探せに登録していた女の8割はゴッグだったんじゃないの?とさえ思う。

ただ

 

 

 

出来ればゾックは避けたい。

 

 

 

ゾックははっきり言ってブスだ。胸よりも腹のほうが出てるし、乳輪もデカそうだ。そのくせ、ダメなアメリカ人のようにボディにくらべて足が細い。お前ハンバーガーの食いすぎだよ。

さて、私は一体何を書いているのだろうか?

ふと今朝、思った。

昨日、久しぶりに飲みにいき、酔っぱらってブログを書いていた。

サトミは美人だったなぁ、あ、そういえば百式と呼んでたなぁ、からの話のそれかたがハンパない。

結論から言うと、サトミに女を呼んでもらいKK先輩とコンパをしたら勘違いしたザクキャノンがきたのでどうしようかなって思ってたよってことを書きたかったのだ。

そして、いよいよ次号。

百式シリーズは完結する。

スポンサーリンク

このサイトをフォローする!

コメント

タイトルとURLをコピーしました