悟りを開くNTTグループの女 第二話

4.ブサクエⅣ そして老害へ・・・
スポンサーリンク

当初、N〇Tグループなどと書いていたが、隠す意味がよくわからないのでやめた。どうでもいいけど、NTTとauの女とは出会ったことがあるけど、なぜかSoftbankの女とは出会ったことがない。3大通信も制覇したいんだけど、このままではpepper君に手を出すしかないな。孫さん、コンパひらいてくれないかなぁ。

スポンサーリンク

オクフェスナンパで出会ったサトミは美人、スタイル抜群、愛嬌最高と、ナンパした時点で完璧なコンテンツを有した女性だった。

一見無駄にプライドが高そうに見える見た目、パク・ソダムとは真逆の中村アン方面の顔面だが、プライドが高いなどということはまったくない。

帝国ホテルではなく、鶯谷ホテルにも快くついてくるサトミ。

手万しながら服を脱ぐように指示すると従順に従うサトミ。

身体中が性感帯なのか?と聞きたくなるような敏感ボディのサトミ。

お父さん、お母さん、こんな天使のようなエロ美人を生んでくださってありがとうございました!!!!と言いたい。←そんなこと言えばぶん殴られるだろう。

「はぁ!!ああん!!ダメぇ!!おねがい・・・」

クリトリスを攻めると最高のリアクションとともに

「はぁ!!おねがいぃ、、おねがいぃ、、い・・い・・いいくぅぅ」

何かにずっと「お願い」をしながら、ちょいちょいイクのがサトミスタイルだ。

「だめぇぇ!!またイクぅぅ、おねがいぃぃ!!」

手マンで何度もイク女というのは本当にエロい。

本人も幸せだし、男にとっても幸せこのうえない。

「だめぇぇ!!またイクぅぅぅ。」

とにかくよくイク。

手マンしながら服を脱いでもらうと、形の整った胸が出てきた。

思ったよりも乳首は黒いが、この乳首がまた敏感。

「だめぇぇ、乳首はだめなの、おね・・おねがい・・ああん!!」

乳首をつねると最高のリアクションだし、乳首を吸うと最高のリアクションだし。とりあえず乳首を刺激しとけば最高のリアクションだし。

「ああぁ!!だめぇぇ!!おねがい、、おねがいぃ!!ああん!!ダメぇぇ、いやぁぁ!!」

全世界の女性はサトミから学んでほしい。

このリアクション芸はもはや出川を超えている。

出川は「ヤバいよ」しか武器がない。

だが、サトミは「ダメ」「オネガイ」「イヤ」この3単語を連発し、男をノリノリにさせるのだ。

ちなみに、女に「ダメ」と言われて本当にやめる男は、まずダチョウ倶楽部から一体何を学んだのかを問いたい。

お前はバカかと。あ、これは出川か。

スポンサーリンク

とにかくサトミは手マンでイキまくる女だった。

ちなみになぜここまで詳しく覚えているかというと、ハメ撮りしたからにきまっている。やはり、動画は最強のエビデンスである。

約30分ほど手マンでイカせまくった後、サトミにオナニーをさせた。

サトミはゴリゴリなネイルをしているタイプだが、果たしてどんなオナニーをするのか。

結論からいえば、クリをさするようなオナニーだ。

なるほど、これならネイルに影響はない。

それにしても手つきが手慣れている。

手首の使い方がクネクネしとる。

もうクネクネクネクネしまくりだ。

例えるならばクネクネヘビだ。

子供のころ、クネクネ動くヘビのおもちゃが売られていた。

私はこのクネクネするヘビのおもちゃを買ったことはない。

理由はシンプルだ。

 

ヘビがクネクネしたからって何が面白いの?

 

まったく理由がわからない。いや、ヘンな部分で私が冷めた子供だったのは認める。例えばルービックキューブも同じだ。全部の面を色そろえたからなにが面白いの?別に女にモテるわけでもないよね?と思ってた。

とはいえルービックキューブは高度な技術があるような気がする。それに比べてクネクネするヘビは何なんだ?何の技術もないしクネクネするだけだ。アホか?と、冷めた子供のばかなべ少年は思っていた。

いや、マジで聞きたいんだけど。本当にこのクネクネするヘビを面白いと思って、ほしくてほしくてたまらなくてこのクネクネヘビを買ったやついるの?

まったくこのヘビは役に立たないよね?

無意味レベルはアベノマスクといい勝負だよね?

そういえばアベノマスクは一体何に使えばいいの?

仮にアベノマスクがクネクネしたとしよう。

ある意味面白いかもしれないが、やはりクネクネしたって何の役にも立たない。

クネクネなど無価値。

だが、

 

 

今の私ならクネクネの価値はわかる

 

 

女の手首がクネクネ動く、女の腰がクネクネ動く。

ああ、クネクネって最高!!

クネクネは非常に有益だ。この手慣れたクネクネオナニーはマジで最高だ。

恐らく三菱ショージか電痛あたりの男に調教されたのであろう。みんな、俺のために育ててくれてありがとう。君たち一流の人間は、俺のようなクズに最高のセックスを恵むために日々調教してくれてたんだね・・・。君たちのことをクネクネクリエイターと呼んでもいいかな?あ、ダメ?あっそ。

「お・・お願い、、い・・いかせて・・・」

 

 

自分でオナニーしながらイカせてくれとはどういう意味かよくわからない

 

 

よくわからないが、「イカ2貫」で笑いが取れる現代。

勝手にイカを食えばいい。

いや、そうそう簡単に許可はしない。

イカせてくれと言われたら、意地悪したくな

「だめぇぇ、お願い・・お願い・・・いか・・ああ!!イクぅぅ!!」

まぁ結局、許可なしでイクらしい。

じゃぁさっきのイカせて申請っていらなくないですか?

もうやめましょう、形式的な業務は。

もうハンコはやめましょう。シャチハタ承認やめましょう。

スポンサーリンク

サトミは本当にS男の心をくすぐる女だった。

だが、私は騙されない。

サトミは危険な女なのかもしれない。

歴代の強い武将というのは、圧倒的勝利の状況を整えてから、相手に「五分五分」、いやなんなら相手のほうが有利と思わせ、油断を誘って戦い勝利する。

この戦法はかなり有効で、誠実系ナンパで結果を出している人間はいわゆるこのやり方である。そして、逆もしかりだ。清楚に見えて、奥ゆかしくみえて、ドMに見えて、なんだかんだで男をコントロールする女というのは常に存在する。

高いスペックにも関わらず、男が望む通りに乱れるサトミ。私はノリノリになってしまい1時間以上にわたって愛撫してしまった。

そしておかわりもしたくなる。普段から愛嬌がよく、ベッドの上では最高のかわいさを見せる。そんな女にはついつい焼き肉(最低トラジレベル)をごちそうしてしまう。

結局、勝利しているのはサトミだった。

一発目までは1万円ルール※を守っていた。だが、気づけばサトミには10万円ぐらいつかったような気がする。
※セックスまでの道のりで使うお金は1万円以内に抑えるという全国共通の男のルール

ちなみにサトミとのセックスはいつも早漏だった。

イキまくるサトミに興奮し、入れた瞬間絶頂を迎えるのだ。え?しらんがなって?あ、そーすか。

・・・

そして、私にはサトミと同等の無敵戦国武将タイプの友人がいる。

KK先輩である。

私はサトミとのセックスを重ねるにつれて、KK先輩と同じニオイを感じたのだ。KK先輩の失敗談はコンパでは鉄板で毎回爆笑するのだが、今思えば私はKK先輩にいつも同じ話をさせられているのでは?と思うのだ。

私のほうが優位的立場にいるように見せかけて、結局KK先輩がおいしくなる局面を作らされているのでは・・・

知らず知らずのうちに誰かに踊らされている。

こういうことはよくある。

有能な経営者は人を使うのに長けている。

高いモチベーションで人を動かす組織は最強だ。

だが、それはなんとなくそうなるのではなく、やはり意図的だ。

私を意図的にノリノリのさせるKK先輩、そしてサトミ。

もし、この2人を掛け合わせたらどうなるのだろうか?

つづく。

スポンサーリンク

このサイトをフォローする!

コメント

タイトルとURLをコピーしました