肉食系OLと再度合コンした結果 後編

◆30日後に春休みが終わるばかなべ
スポンサーリンク

PREVIOUSLY ON BQ 
(和訳:これまでのブサイククエスト)

misono似の女ミソノは、私の友人を食い散らかしていた。

一人目はAKO35氏、二人目はコスギ氏。さらに三人目のST氏まで続くかと思われたが、謎のラブホグダでST氏は散った。

それから約半年、度重なるコンパオファーをミソノより受けていた私は、三男候補にリム氏を擁立。一方、ミソノが連れてきた女はデコ子。その名のとおりデコがピカピカに光る目力強めの女性。だが、デコ子には何を仕掛けてもリアクションを得られることがなく、このままでは継続コンパの前提に疑義が生じる状況であった。

果たして、ミソノ三男計画は無事着地するのだろうか?

前回の記事はコチラから

・・・

<ポジション>

リム ミソノ
------
------
ばか デコ子

本来であれば、リムがミソノの三男になることに集中したい。だが、コンパ自体が一切盛り上がらない。原因はデコ子。この女、何をしゃべりかけても無表情。

今までやってきたコンパと比較しても、これほどにリアクションしない女は数えるほどだ。

どこに何の球種を投げても、すべて見逃し。明らかにストライクゾーンに投げていても、「これはボールだ」と無表情で見送るデコ子。コンパ開始から1時間半、100球ほどの投球もすべて無視されているかのようだ・・・

さすがの冷たさにミソノも「さぁ振っていこー!」などとフォローを入れてはくれるが、その効果も極めて限定的。

さて、こういうときにどうすればいいか?

こういうときのコマンドは4つしかない。

言葉がダメならボディに訴えかける。少々、リスクを伴うがデコ子ばかりに時間を掛けてはいられない。

とりあえず手つなぎ作戦を実行。

 

あれ?

 

イケましたよ?なんと、手つなぎ作戦はまさかの成功。これは想定外。一時期はコンパ継続を断念しようかと思っていたが・・・諦めたらそこで可能性はゼロだ。

手つなげる(かも)と思えたら可能性は1%になる。いや、1%危なすぎるだろ!!とツッコミたくなるが、この時は奇跡的に受け容れられた。

なんだよ、デコ子。まったくどうなることかと思ったけど、ちょっと照れ屋なだけかよ。しょうがねぇなぁ、素直になれよ!と、更なる接近を試みたが思ったが、ボクサー並みのスウェーであっさりかわされた。なかなかの反射神経っすね。

スポンサーリンク

うーーーむ、ここで乳など揉もうものなら派手なカウンターパンチを喰らいそうだ・・・しばらくは手つなぎに留めておくか・・・と今後の作戦を思案していたところ

「ばかなべさん、電話が鳴ってますよ」

リムが私の電話が鳴っていることを教えてくれた。

電話・・・一体誰からだ?

携帯を見ると、ディスプレイに出た名前は

 

テリー万

 

ばか「はい、もしもし」
テリ「あ、どうもテリーです」
ばか「はいはい、どうしました?」
テリ「あのー今、店の前にいるんすけど」

そういえば・・・、あまりにデコ子に手こずっていたので動けそうな人間にメールを入れていたのだが、テリーが来てくれたようだ。これは強力な助っ人だ。

ただ、ここから少しややこしい。

状況整理すると、赤ギャル討伐計画時、テリーは「若松先生」という名前でエリート医師役、私はボストンコンサルティンググループに所属するコンサルで、若松先生の病院経営のお手伝いをしていたという設定だった。

で、テリーとリムはまったく知り合いではないという設定。

そんな中、偶然にテリー(若松先生)と居酒屋に登場。

ええ、わかってます。

ザ・不自然

まったく問題ございません。

ということで、久しぶりの猿芝居を復活(゚Д゚)

ばか「若松先生お久しぶりです!」
テリ「ああ、ひさしぶり」
ばか「あ、リム君、あの方は若松先生と言ってとても有名な先生なんですよ。先生、彼はアクセンチュアのコンサルやってるリムシロウです。」
リム「はじめまして、リムシロウです。ばかなべさんにはいつもお世話になってます」
テリ「ああ、どうもはじめまして」

 

完璧です。

 

ブルーチンコ賞もらえそうなぐらいの熱演です。するとミソノがこっそり私に

ミソ「コスギさんが言ってたけど、これ嘘なんでしょ?(笑)どこまでが本当なの?(笑)」

 

コスギサン、ソレイッチャッタ|д゚)

 

どうやらコスギはネタばらししてたらしい・・・なるほどなるほど。

どこまでネタバレしてるかはわからないが、当然に私とテリーは猿芝居続行である。

ばか「北条先生って誰ですか?」
テリ「正直、僕もよくわかりません」
ばか「はい、僕も正直わかりません」
テリ「ですよね」
ばか「ま、いいんじゃないですかね」
テリ「はい、いいと思います」

この完璧な演技で完璧に切り抜けた。たぶんミソノはアホである(褒め言葉)。

さぁ、テリーが改めてショートの守備位置に着いた。一塁手はリム。ランナーは1塁にミソノ、そしてバッターはデコ子。抜ければ一三塁の大ピンチを迎えるが・・・、私が投げたド真ん中のストレートをデコ子が打ち返した打球はショートへ!

テリー・4・リムのダブルプレーで完封勝利!やったぜ!!!

・・・

23:45:21

となるわけはなかった。助っ人テリーの合流も虚しく、相変わらずコンパは低空飛行。もうダメだ。場所を変えよう。居酒屋を出た。

時計を見ると24時を迎えそうなことに気づき、絶望した。というのも

 

私は、夜中まで頑張れない病である

 

遅くても1時までに寝たい。何があろうとも。さらに、テリーもリムもバカなので恐らく彼らはカラオケ作戦に入るだろう・・・

こりゃもう一旦デコ子に勝負をかけ、ダメなら帰ってもらってミソノはテリーかリムに任せることにしよう。まず、引き離し作戦を敢行。ミソノたちに先にカラオケに行ってもらい、私はデコ子を連れ出しを試みた。

なんと、連れ出し成功|д゚)

どうも、デコ子は読めないタイプだ・・・。

となればラブホインだ。まずコンビニで酒を買おう。

と、ここで私はとんでもないことに気づいた。

 

財布に3,000円しか入ってない

 

私はコンパのときはカード類を持ち歩かない現金主義。だが、現金をおろすの完全に忘れていたようだ・・・

うーーーむ、非常に厳しい。3,000円ではラブホ代は払えない・・・

「デコ子ラブホ交渉」

<交渉場所>
外(冬)

<交渉条件>
・3,000円しかない
・てか、めっちゃ寒い

<交渉内容>

1.第一回チュー交渉
→ 不調

2.第二回チュー交渉
→ 受け入れ(口は閉じてます)

3.第一回ラブホ交渉
→ 完全拒否(会ったばかりでありえない系、私の回答「ですよね」系)

4.第三回チュー交渉
→ 受け入れ

5.第一回ベロチュー交渉
→ 不調(ううーん、もう系)

6.第二回ベロチュー交渉
→ 受け入れ






(30分経過)







187.第145回ラブホ交渉
→ 決裂

188.第2回デコ子ミソノに電話
→ カラオケに合流しようといわれる → 俺帰ると言う → じゃ二人で飲みにいこうといわれる → 金ないしお酒もいらないから帰ると言う → じゃ、次奢るから居酒屋いこうといわれる → マジでお酒はいらないという → じゃ、どうする?と言われる

189.第146回ラブホ交渉&ラブホ代交渉
→ 承認 → え、お金ないけど大丈夫? → 承認

 

 

デコ子めっちゃ良い人(;゚Д゚)

 

 

・・・終了・・・

長い戦いだった。

寒空の中、30分に及ぶラブホ交渉の末、なんとかラブホイン。

今思えば無謀でしかない戦いだった。

ラブホ入れる(かも)と思えたら可能性は1%になる。いや、1%はやっぱり無謀だろ!!(2回目)

だが、たまにはうまくいくこともあるようだ。

・・・デコ子報告書・・・

1.スペック
・パイ乙想定Eカップ
・無味無臭
・重厚ボディ
・潤滑油豊富

2.所感
デコ子は所謂テレ屋系ツンデレ子。性交自体も久しぶりだったようだが、最終的にはご満足いただけたのでよかった。

体育会系ということもあり、引き締まった腹筋が美しかった。無論、挿入時よりも手万時のほうがお悦び頂いていたのは言うまでもない(粗ちーん)。

スポンサーリンク

・・・終了・・・

さて、私のことは置いといてテリー&リム&ミソノがその後どうなったかと言うと・・・

初対面設定のはずのテリーとリムはコンビネーション抜群のカラオケを披露。テリーは赤ギャルを彷彿とさせるチャイナドレスのコスプレで大盛り上がりしたそうな。

で、なぜかリムが途中で帰り、残されたテリーがミソノを攻略。

・・・テリーコメント・・・

「下っ腹が気になりましたが、パイオツカイデーandマンマンムシューダで助かりました」

・・・

マ、マンマンムシューダ・・・ああ、なんて頭の悪いコメントだ( ´艸`)

ということで、ミソノ物語は途中から現れたテリーのカスコメントで終了したのでした。

-後日

コスギ、テリーとコンパがあり、コンパ前にコスギにミソノの件を報告をしたところ

「あの、僕その2日前に呼び出されてミソノに抱かれたんですけど・・」

 

アバズレデスネー(゚Å゚)

 

ミソノは完全に性戯の味方アバズレンだった(もちろん最大級のほめ言葉だ)。

【アバズレン兄弟系譜】
長男、AKO35
次男、コスギ
三男、テリー

そして、このとき私たちは気付いた。所詮、我々みたいなもんはミソノにとってただのバイブでしかないのだと。

おしまい。

春休みが終わるまで あと7日(どう考えても伸びそうだけど)

スポンサーリンク

このサイトをフォローする!

コメント

タイトルとURLをコピーしました