赤ギャル討伐計画 ~しまださんはNYへ~ 第三話

◆30日後に春休みが終わるばかなべ
スポンサーリンク

代打、北条(コスギ)

私たちはメキシカンボーイ上野店で、大阪で活躍する赤ギャルとしまださんを招いての飲み会をやるはずだった。

だが、先日の学会で発表したマテン・コメテ兄弟によるニンク菌の発病を抑える論文が認められ、シマッダー博士に呼ばれたしまださんは急遽NYへ飛び立つことになった。もしかしたら今頃、しまださんは新型コロナをコロナビールに変える研究をしているのかもしれない・・・

しまださんの代打を務めるのは若松(テリー)の友人、北条(コスギ)である。エリート医師(という設定)だが、その風貌は阪神史上最強のダメ助っ人マイク・グリーンウェルにしか見えない。

いや、これコスギだろ

1997年に球団史上最高額の年俸3億円超という条件で入団するも、シーズン前の春季キャンプで背中の痛みを訴え帰国。再来日するも、5月11日の対巨人戦で自打球を右足甲に当て骨折、「野球を辞めろという神のお告げ」と突然帰国。

赤ギャル同等のクズっぷりだ。もはや今回は赤ギャル(クズ)VSグリーンウェル(クズ)の闘いともいえるかもしれない。とにかく、テリーとコスギが赤ギャルに嘘をつきまくるだけの計画が始まろうとしていた。

第一話の記事はコチラから
第二話の記事はコチラから

スポンサーリンク

・・・

19:30:21

赤ギャルとの約束の時間。すでに我々は赤ギャルシフトを完成させていた。

<赤ギャルシフト>

          コス 空B
AK 机 ST
   机      机机机机机
空C 机 空D
   机   柱柱 テリ 空A
ばか 机   柱柱

・・・

かなり変則的な赤ギャルシフト。

茶番を演じるため、私とテリーはお互い直線では見えない位置に。

あとで私が若松先生に久しぶりの再会を演じるためである。

空Aに赤ギャル配置を予定し、センターラインをコスギとテリーでカバー。

ファーストSTはとりあえずなんでも受け、サードAKO35は長嶋ばりにショートゴロも取りにいく。

そして、指揮官の私はキャッチャー。

あまりに完璧すぎるポジショニングである。

・・・

店内からどこからともなく聞こえてくる赤。

いつ赤ギャルが現れてもおかしくなはいからだろう、店内は赤に包まれていた。

さて、あいつはどんな感じで現れるのか・・・、我々5人は緊張しつつも赤ギャル到着を待った。

19:45:13

 

 

おい!赤ギャル(゚Д゚)

 

 

おまえはいつになったらくるんじゃ!ボケ!

若松医師を待たせるとは、なんと失礼な・・・

しまださんの予想通りだ。

ほんまに遅刻してきよりました。だが、予想の範囲内だ。30分遅れは当たり前だろうと踏んでいた。

と、その時、入店を知らせるドアの音がなる。

チリンチリン~♪

き・・きたのか?!(゚Д゚)

女「こんばんは~」

1人の女がテリーたちのテーブルへ・・。

テリーのとなり(空A)に座った(;゚Д゚)

こことは・・

赤ギャルやないか!

でも派手でもなければ目もでかくない・・。

ほな、赤ギャルとちゃうかぁ・・・

見た感じは荒川静香っぽい。

我々はこの時点で「稲バウアー」と名付けた。

どうやら赤ギャルが遅れてるらしく、先に店にきたらしい。

さらに待つこと10分。

チリンチリン~♪

 

赤ギャル登場(;゚Д゚)

 

こ・・・

こいつが赤ギャルか・・。

見事にひとめで「これ」とわかる・・。

不自然なまでに目がでかい・・。

いや、まぁそれはいいんですけど。

ちょっと聞いていいですか?

 

 

 

なんで青のチャイナ

 

 

 
てか、ここメキシカンボーイですよ?

大連(中国)の安ナイトクラブちゃうんすよ?

てか、真冬ですよ?

ごっつい毛皮を脱いだら半袖のチャイナ服て・・・

メキシコ料理屋でチャイナ服て・・・

お・・お前・・、

 

この後クラブ行く満々やんけ(゚Д゚)

 

こいつ、完全にクラブスタイルです。

ていうか、クラブが本番でこっちは茶番ってか!←正解

いやいやいや、まぁそれはいいとしても

 

 

赤じゃなくて青(;゚Д゚)

 

 

青(ノ∀`)アチャー

まさかの青(ノ∀`)アチャー

もう青ギャルじゃないですか・・・

ブサクエは事実しか書きません。

この場をかりてあやまります。

すみませんが、青でしたけど、赤ギャルと呼ばせていただきます。

スポンサーリンク

・・・

20:03:44

「ごめーん遅くなった!待った~?」

ミソノ入店。

そう、普通は遅れても3分ぐらいなんですよ。赤ギャルは25分も遅れてきたのに謝る素振りもございません。

ふっ、まぁ闘いがいがあるってもんだ。ここからが勝負だ。まぁミソノは普通にイケる女ですのでね、STさんかAKO35さんがお持ち帰り頂ければいいんじゃないですかね。

てことで、ミソノは空D、やわらは空Cへ着席。

これで全員守備位置についた。

<赤ギャルシフト完成図>

          コス 赤ギ
AK 机 ST
   机      机机机机机
やわ 机 ミソ
   机   柱柱 テリ 稲バ
ばか 机   柱柱

<女性軍団の情報>

1.赤ギャル軍団

・赤ギャル レベル15(見た目20、性格5にて相殺)
ほんまに性格うんこのキャバ嬢。いかにうんこかは後ほどのエピソードで明らかになるが、ほんまにうんこ。こんなうんこ相手にしまださんよく調整してくれたなぁと感心した。大阪から東京へきたばかりで、友達少ない(てか嫌われてる)らしい。

・稲バウアー レベル24
よく笑う明るいキャバ嬢。稲バウアーそっくりの顔面でスタイルが良い。こういう良い子じゃないと赤ギャルの相手はできないんだろう。ほんと、そう思った。

2.ミソノ軍団

・ミソノ レベル20
とてもノリがよく、お尻軽めなばかなべの知り合い。やせればきれい。てかやせてくれ。仕事辞めたばっかでフリーターなので毎日ひまだろうから今が食べごろ。STかAK035へプレゼントの気持ちで呼んだ。

ヤワラちゃん レベル14
誰ですか?この人チョイスしたのは。田村亮子を太らせた感じ。とくに取り柄なし。ただ、デ部長のコスギはGカップや、Gカップやと唸っていた。お前、おっぱいでかけりゃなんでもいいのかよ・・・

さぁ、茶番のはじまりだゼ!

・・・

20:20:20

とりあえず様子見で適当トーーク。

序盤はおとなしくミソノコンパでバカ騒ぎ。

むこうの席の状況はわからんけど、バカ騒ぎというよりは静かに飲んでる風だな・・。

・・・

20:35:46

時はきた。

ミソノコンパはもう私が手離れしても問題ないほど盛り上がっている(ヤワラはブスなのにブスっとしてるけど)。

私はトイレに入り、鏡を見ながらリハーサル。

うむ、完璧だ。

家で何度も練習した結果が出ている。

まるでうそつきかのようにうそがスラスラ出てくる(実際、うそつきです)。

そして私はドアを開けた。

・・・

ブサクエドラマ第一話 「再会」

ばかなべはトイレから出て席に戻ろうとしたとき、ある人物を見て思わず立ち止まった。

ま・・まさか・・わ・・若松先生!?(;゚Д゚)

いや、若松先生はNYにいるはず・・・なぜここに!?

ばかなべは若松へ駆け寄り声をかけた。

ばか「こんばんは、もしかして・・若松先生じゃないですか?」
テリ「あれ?もしかして、ばかなべさんですか?」←この時点でテリー半笑いしてもうてる
ばか「はいそうです!コンサルタントのばかなべです!お久しぶりです!」←つられて俺も半笑い
ばかなべとテリーは立ち上がって握手。←いかにもアメリカ風を演出したつもり(効果なし)

一同キョトン( ・∀・ )

ばか「いつNYから戻られたんですか??」
テリ「2年ぐらい前からこっちに拠点を移したんですよ。」
ばか「そうなんですか。いやーびっくりしました。偶然ですね!じゃぁもう開業ですか?」
テリ「ええ、まぁ。」
ばか「先生、このお店のNY店でご一緒したの覚えてます?」
テリ「ああ、行きましたねぇ(笑)」
ばか「ここの店長、NY店にいた人ですよ、ほら」←店長を紹介する
店長「若松先生!ご無沙汰してます!」←店長ノリノリ
テリ「あー、なんとなく覚えてます。あのときはありがとうございました。」
ばか「まさかこのお店で再会できるなんて、本当にびっくりです」
テリ「はい、僕もかなりびっくりですよ(笑)」
ばか「あ、みなさん急に割って入ってすいません。若松先生にはNY時代に仕事でお世話になりまして。あまりにびっくりしたので」
テリ「本当に久しぶりですよね」
稲バ・赤「えーすごーい!」←完全に信じてる(バカ)

ミソノややわらも偶然の再会にびっくりしている模様。

ばか「すいませんでした。あ、よければあとで番号交換させてください。男同士で気持ち悪いですけど(笑)」
テリ「はい、ぜひぜひ」
ばか「じゃ、みなさんすみません、お邪魔しました。先生、また後ほど・・」
テリ「はい、じゃまた」

挨拶を終えたばかなべは席に戻った。

・・・第一話 完・・・

 

 

 

完璧です

 

 

 

私とテリーのシラこさほんまにえぐかった(∀`*ゞ)

テリーはもう笑ってましたからね。

ただ、我々の猿芝居は女子4人に完璧に通用したようだ。

ミソノには実は前振り情報でNYにいたとか、世話になった先生がいたとか情報を入れておいたので「あの人が言ってた人?」などと話を完全に信じている。

STやAKO35も「ああ、お前言ってたな」などとフォローを入れる。

ミソノが信じればヤワラも信じる。いや、ヤワラが信じるかどうかはどうでもいい。だが一番信じてたのはヤワラかもしれない。

とりあえず、順調な滑り出し。

・・・

21:16:40

ばかなべは一旦赤ギャルとは距離を置き、しばらくミソノコンパで待機。

そのとき、事件は起きた。

私の携帯に何やらメールが届いた。メールの主はコスギだ。

<コスギ→男全員(しまださん含)>

「赤、会話が成立しません」

 

 

でしょうね( ´艸`)

 

 

想定内想定内。

しかし、その後のやり取りでブサクエ界きってのスラッガー、コスギが匙をぶん投げた。

完全にお手上げ状態のようだ。

ただ!

こういうときに頼りになるのが性義超人テリーである!

彼はもともとギャルが大好きだ。

さらに、彼のしゃべりはそもそも内容がない。

飲んで笑い飛ばしているだけだ。

赤ギャルのようなバカにはこっちのスーパーバカで対抗だ。

彼の人をなめきった性格は赤ギャルなど余裕だ!

そろそろヒーローの出番だな。

さぁ、みんなで一緒に呼ぼうぜ!

せーーの!

 

テリーマーーーン!!

 

テリーマーン!!

コスギを助けてあげ・・

 

 

アカン、酔っぱらってる(;゚Д゚)

 

 

しもたーーーー(ノ∀`)アチャー

ここは飲み放題、ビールもテキーラも飲み放題(ノ∀`)アチャー

赤ギャルも稲バウアーもキャバ嬢(ノ∀`)アチャー

稲バウアーに乗せられてもうてる(ノ∀`)アチャー

テリーマンは性義超人なので、アルコリアスになると一番近くの女が一番かわいく見えるシステムが作動する。

完全に稲バウアー落としにかかってる(ノ∀`)アチャー

え~

よって

 

 

コスギ(*´Д`)イッテヨシ

 

 

我々は、コスギのメールを無視して飲み続けるのであった・・。

つづく。

春休みが終わるまで あと10日

このサイトをフォローする!

コメント

タイトルとURLをコピーしました