リコン星人 UZの逆襲 Season1

6.出会い系・マッチングアプリの話
スポンサーリンク

3月9日、当ブログでUZが離婚していたことを電撃発表。この情報は世間で話題となり、ニュースが世界中を駆け巡って、当ブログには続々と取材依頼が殺到、、、というのは俺の妄想だったようで、今のところこの発表に対して、世間どころか友人・知人からの問い合わせも「無」である。

UZの元奥さん、歳の差婚でかなり若い女性。直接会ったことはないが写メは見せてもらったことがある。

控えめに言って「まぐれですね」である。

はっきり言おう、あれはもう「まぐれでしかない」と。

いや、そんな生易しいものではなく、名前が「まぐれ」なんじゃないかとさえ思う。

そんな若くてかわいい奥さんなのに、老後に突入したアラフィフのUZがなぜこのタイミングで離婚したのか。興味を持っているのは俺しかいないようなので、UZに単独取材を試みることにした。

・・・

UZが離婚したのは昨年の4月。

離婚情報をキャッチしたのが先日だから、実に1年弱の月日を経て発表したのだ(俺に「そういえば」と立ち話で)。

スポンサーリンク

まぁまぁのタイムラグ。なぜ、発表まで長い時間を経過した、それは

 

 

落ち込みすぎて言う気にもなれなかった

 

 

はい、これもうネタにしたらアカンやつ。軽いノリでブサクエの戦友UZの離婚話をネタにしてやろうと思ったことを反省します!まことに申し訳ございません!もう記事にするのは(割とマジで)やめましょ、と伝えたが「頼むよ~、面白く書いてよ~」とおっしゃるUZ。ブサクエに協力できるなら喜んで記事にしてくれと・・・えと、そのブサクエ愛・・・

 

恐らく何のメリットもないです

 

ありがたい。ありがたいけど、どう考えてもメリットはない。だが、そこまでおっしゃって頂けるならと、結婚前から離婚までの話を時系列で約1時間に渡って聞き取りを行った。

 

 

僕にはお笑いポイントがどこにも見えませんでした

 

 

聞いた話をそのまま書けば、恐らくSeason5ぐらいの記事を書く自信がある。だが、UZはちゃんと結婚生活を送って奥さんを大事にしていた。忠実に書けば書くほど出口が見えないラビリンスとなるだろう。

これは困った。

これをどう記事にするのか。

だが、こういう場合はテクニックがある。例えば、新型コロナで世界中が右往左往する中で、毎日毎日メディアが「感染者が~」「株価が~」「イタリアが~」「東出昌大が~」「ロッテ鳥谷が~」の話題を感情的に表現するもんだから、国民は物事を冷静にとらえることができず、いまだにトイレットペーパーを買い占めするバカがいる。

物事を説明するときは感情的(令和ではこれを「エモい」などと言うらしいが俺世代のエモは江本孟紀でしかない)にするのではなく、事実を淡々と箇条書きにすれば、物事を冷静にとらえることができるし、取るべき行動が明確になればトイレットペーパーの買い占めをするバカもいなくなるはずだ。

よって、事実を淡々と、無感情で箇条書きにしてみよう。

UZの会社の同僚B男(めっちゃブサイク)に彼女(A子)が出来た(奇跡)

B男がUZに彼女A子を紹介

UZ、B男を祝福

その後、B男が会社をやめる

A子、B男に戦力外通告、B男は自由契約に

A子、なぜかUZと付き合いだす

付き合って1年で2人は結婚

ブサクエレギュラー脱退

順風満帆な結婚生活(2011~2017)

奥様と仲良くセックス付のベトナム旅行(2018夏)

「私は子供がほしいの、あなた以外の人と子作りがしたい」(2018秋)

え?


奥様、出ていく

UZ、枕を濡らす日々(約半年)

奥さん離婚調停申し入れ

え?


別居期間の婚姻費用にドン引き

調停が長引くほど婚姻費用が膨らむ現実に絶望

離婚決意 ※婚姻費用〇〇万円支払い(;゚Д゚)

リコン星人 UZ誕生ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

 

 

 

 

 

え?(;゚Д゚)

 

 

 

 

 

結婚してすぐにセックスレス気味になったものの、月1回の夜の営みは継続されていた。子作りはUZ側ではない理由で苦戦。夫婦としての悩みはありつつも、毎年海外旅行に2度行くなど普段は仲良しの結婚生活だった。直近のベトナム旅行でももちろん夜の営みはあった。だが、2018年秋に状況は一変、出ていく2週間前あたりから元奥さんの様子がおかしくなり、突然出て行った・・・そして約半年後に離婚調停入り、婚姻費用〇〇万円を請求される。

 

 

新手のカツアゲです

 

 

いやいやいやいやいやいやいやいや、マジで結婚こえぇぇ(;゚Д゚)

元奥さん、めちゃくちゃやないか・・・

だが、UZはやさしかった。もちろんUZは奥さんに浮気の疑いを持ってはいた。でも探偵をつけるなど、相手のことを調査するようなことはしなかった。これは賢明だったと思う。

もちろん、お金の話をすれば、相手方に問題がある離婚であれば法廷で争うこともできる。納得いかないし取り返すという考え方もある。だが、UZはそうしなかった。

男女関係というのは、始まり方よりも終わり方のほうが大切だったりする。

元奥さんは自分の思い通りになったのかもしれない。UZがひとりで損を引き受けたようなものだ。俺は元奥さんのやり方は尊敬できない。損を受け止めて、相手を非難しないUZを(完全に本意ではないが生まれて初めて)尊敬する。

こうして、ド損切りした形でUZはリコン星人になってしまった。無論、コリン星ではない。コリン星人もリコン星人になりそうなニュースも耳にするが、UZは完全にリコン星人だ。

問題はこれからどうする?だ。

男女関係は出会い方、終わり方が大切だが、実はもう一つ大切ことがある。

忘れ方だ。

 

 

つづく。

スポンサーリンク

このサイトをフォローする!

コメント

  1. デンデ より:

    ブサクエ活動継続してたのですね?
    個人的にはピュア丸さんの現状が気になります。
    私もばかなべさんのアグレッシブさを見習いたい。

    • bakanabe より:

      デンデさん、ご無沙汰してます。ピュア丸さんは僕も気になっているのですが音信不通というか連絡先さえ知らないのです。今日もどこかで和食セットを頼んでると思います(笑)

タイトルとURLをコピーしました