ブサクエFBI セクシー降臨 Season1

5.ナンパの話

 

 

『女子が言う「私の友だちみんなかわいいよ」は俺たちが言う「何もしないから」と同様に信じちゃいけない言葉である』デール・カーネギー(うそ)

 

 

みなさんこんにちは。ブサクエFBI上級捜査官、ばかなべです。

ブサクエFBIとは、男の安全を守るため、ナンパ・合コン界において日々発生する、悪質な女性による凶悪事件・テロ事件などを専門分野とした、独立捜査機関です。我々の独自捜査情報をブサクエ上で共有し、これ以上被害者を増やさないよう働きかけるのが当機関の活動目的です。

さて、今回はブサクエFBIとして初の情報公開となりますが

 

 

 

いきなり最凶最悪事件の情報公開となります

 

 

 

心臓に持病をお持ちの方、及び妊娠中の方は閲覧を控えるか鼻くそほじりながらご覧いただきますようよろしくお願いいたします。

・・・

THE FOLLOWING TAKES PLACE
BETWEEN 20:00PM AND 24:00PM

・・・

20:00:45

2019年12月末、日比谷の伝説のクラブ「ディアナ」が閉業した。

いまだにディアナが倶楽部なのかディスコなのかよくわかっていない。

俺たちはあの場所で数々のブサクエを経験した。変なおばちゃんとたくさん出会えたことには感謝の気持ちというかふざけんなという気持ちというかいいかげんにしろという気持ちというか。一言では言い表せないがとりあえずお疲れさまでした。

本件は、2011年当時、ディアナでナンパしたことからはじまった。

俺は一体何がしたかったのかよくわからないが、片桐はいりにそっくりな女(片桐はい子)をディアナでナンパした。

無論、俺は片桐はいりが好きなわけではなく、どちらかというとドラマや映画での怪演を拝見する程度で構わない。構わないというかとどめたい。それなのにナンパした理由は「もしも」のためだ。

俺は片桐はいりにまったく関心はないが、「もしも」AKO35が片桐はいりファンだったとしたら、または「もしも」STが片桐はいりファンだったとしたら・・・あらゆることに可能性を感じた俺は無意識的にナンパしていたのだろう。

そして、俺はその「もしも」の実現のために片桐はい子とコンパを開催した。

店に到着すると女はまだ誰もきていなかった。俺たちは早速適切な守備位置についた。

<ばかなべタイガーススタメン>
1番 センター AK035 .397 2本
2番 セカンド ばかなべ .300 2本
3番 サード ST .366 1本

<守備位置>

空A AK 空B
ーーーーーーーー

ーーーーーーーー
ばか 空C ST

20:03:46

女「こんばんは~」

一人目の女が来た。

丸川珠代が老けました(略して丸川) レベル20 30代 OL 

うむ、好き嫌いはあるかもしれないが、まぁ問題はない。丸川は空Cに着座した。いきなり真ん中に座るとは、良い意味で日本人らしくない。

・・・

20:09:50

女「こんばんは~」

片桐はい子 レベル12 30代 OL

うむ、安定の片桐はいりだ。四角い。とにかく四角いぞ顔が。

それにしても片桐はい子のくせに10分弱遅れてくるとは、まったくふざけたやつだ。そして、片桐を見た瞬間、AKO35とSTの表情が強張ったのを俺は見逃していない。動揺にも見えた。もしかしたらやっぱりお前ら片桐はいりが好きだったのか?ククク←性格💩

さて、時間遅れで片桐が来たものの、まだ女が1人きていない。

これはある意味朗報かもしれない。俺の経験上、一番遅れてくる女がたいてい一番かわいいのだ。一番のブスが一番遅れるということは99.9%ない。ブスほど申し訳ない気持ちがあるので時間くらいは守ろうとするものだ(俺が時間を守る理由もそれだ、うるせぇぶっ〇すぞ)。

ばか「もう一人の人ってどんな人なの?」
丸川「すごいセクシーな人だよ。あだ名がセクシーさんだから(笑)」

 

 

セクシーさん!?( ゚Д゚)

 

 

なんというかぐわしいあだ名だ。。。セクシーさんというなら、そりゃ壇蜜、小向美奈子、杉本彩、川上ゆう、川上ゆう、川上ゆう、川上ゆう、川上ゆう

 

 

川上ゆうが見たい( ゚Д゚)

 

 

ブログの途中ではあるが、突然に川上ゆうが見たくなったので一旦ソフト恩デマンド様にアクセスいたします。

 

 

 

 

まだAVタダ見しようと必死かよ

 

 

 

 

 

 

XVIDEOで我慢できねぇのかよこのバカどもが。←お前もな

川上ゆうタダ見はできそうにないので仕方なくブログ執筆を再開します。

いずれにしても「セクシーさん」というあだ名がつけられるぐらいだ。さらに一番遅れてくるということは、自分がそこそこイケてるから遅れてもいいんだと自覚した人間に違いない。ていうか、片桐はいりのくせに遅れてきた片桐にはキャメルクラッチくらわしたいぜ。

ばか「その人は遅れるの?」
丸川「ああ、もうそこにいますよ。」
ばか「え?どの人ですか」
丸川「ああ・・あの人」
ばか「え・・どの人??  あ・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

し・・死神(゜д゜)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<重大なお知らせ>

死神登場でブサクエ火災が発生しました。

我々は角のソファ席に靴を脱いで座っていたため避難することが出来ませんでした。ブサクエ消防法では、死神が現れた際、2箇所以上の避難口を確保しなければならないため違反です。みなさんもあまりに無理のあるコンパはいつでも逃げられるよう対処してください。

ブサクエ消防庁

・・・

 

 

で・・出た・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

 

死神です、死神・・。

 

 

怖い、怖すぎる・・。

 

 

<死神詳細データ>
・名称 死神
・年齢 40代(推定45歳)
・身長 170オーバー
・化粧 ノーメイク(まゆ毛見当たらず)
・顔色 土色
・髪型 まさかのロングソバージュ(黒時々茶色)
・服装 ようわからんドレスみたいな服にエロ網タイツ
・レベル判定 ∠死神
 ※死神様については自然数での判断は不可能でした。

幾何学で解いた結果、『∠死神』となりました。ちなみに『∠』は、∠bでbの角を示す、∠ABCでBの角を示すなどに用います。

彼女を表すなら『∠死神』また、角ではなく『核』と読み替えます。彼女は『死神の核』、語呂が特攻の拓と似てます。

・・・

死神登場とともに、店内はざわついた。

エアロスミスのボーカルを化け物にした風、もしくはデッドオアアライブのボーカルが化粧してません風を漂わせる圧倒的な存在感、いや、圧倒的な威圧感、いや、

 

 

圧倒的な死神感(;゚Д゚)

 

 

パワプロの特殊能力「威圧感」の1億倍ともいわれる「死神感」。

彼女は簡単に言うと、「かかわってはいけない人」である。いや、人であるかどうかさえ怪しい。

俺たち3人から笑顔は消えた。

おふざけでブサイククエストォ!なんて言ってた自分をマジでぶん殴りたい。

<確定守備位置>

死神 AK 片桐
ーーーーーーーー

ーーーーーーーー
ばか 丸川 ST

23:02:40

誰ですか?

片桐が今回のブサクエ主演とか思ってたのは。←俺です

片桐なんか友情出演ぐらいですやん。←ホンマすみません

完全に死神さんが主演ですやん。←ていうか本物です

レベル違いすぎますやん。←ホンマすみません

俺はこのとき、もうブサクエはやめようと本気で考えた。

あまりにもリスク高杉晋作である。

いったい何が起こったのか、何をしゃべったのか。

俺はなにも覚えていない。

ただ、俺たちは完全に酒でつぶされた。

何度も会計して逃げようと思った。

だが、間髪入れず死神が赤ワインをボトルで追加発注し続けるのだ。

赤ワインをハイボールのようなペースで飲み続ける。

俺たちも浴びるほどに飲まされた。

死神のそれはドラキュラが血をガブ飲みしている姿にしか見えなかった。

23時時点のポジションは以下のとおり。

<最終守備位置>

死神 AK 丸川
ーーーーーーーー

ーーーーーーーー
ばか 片桐 ST

 

STは徹底して丸川とのみしゃべるという完全に正解な動きをしていた。

俺とAKO35はかなり危険なポジション。新型死神ウイルスなんてあろうものなら、完全な濃厚接触じゃないか・・・

こんなことあっていいのか・・・

だが、俺はツイていた。片桐がどうやら俺寄りだ。さっきからずっと俺の手を握っている。

本来、俺は片桐を避けたい場面だったかもしれない。

だが、今はなぜか片桐のことが好きな気がしてきた。

新形コロナで大混乱の人たちがトイレットペーパーを奪い合う奇行を繰り返すように、新型死神で大混乱の俺はAKO35と片桐を奪い合う奇行を繰り返したが、どうやらトイレットペーパーは俺のものになりそうだ。これで安心して💩できるぜ!

STは丸川、俺は片桐をガチホ。

 

 

行き場を失った死神はAK035を徹底マーク

 

 

死神はAKO35と何回も赤ワインを乾杯している。

AKO35は、ベロンベロンに酔うレベルに飲んでいるはずだが、表情は無。顔色も無。というか血の気がなくなっていってる・・・

すでに地獄入りしたことを覚悟した囚人のようだ・・・

AKO35、、ごめんな( *´艸`)

・・・

24:01:16

酔うたーーーー(*´Д`)

想定外の金額の会計をすませ、俺たちは店をでた。

死神と丸川とAK035は階段でへたりこんでいる。

STは安全最優先で帰宅。完璧な水際作戦だ。

ちなみにアルコリアス(酒に酔った状態)になると、俺は死神以外全員かわいく見える病を患っている。俺は片桐のパイを揉みながらベローチュしていた。

乳を揉むたびに片桐が発する桃色吐息に勃起してしまった。

 

つづく。(いやつづきたくないんですけどね)

フォローしても何の利益もありません( *´艸`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました